×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


最終話

527 名前: 最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:51:36.32 ID:sU0yRq110

最終話 「津理子」

未だ夢の中.

再び,ブーンの前に少女が現れた.


ξ゚听)ξ「・・・遅かったか!」

( ^ω^) 「ツン,戻ってきてくれたのかお!
      嬉しいお!」

ブーンは,少女に抱きつこうとした.

ξ#゚听)ξ「違う!」

少女は,ブーンを殴り飛ばした.

( +ω+) 「ぶひいいぃぃぃぃ!!!」

530 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:52:15.92 ID:sU0yRq110

(メ^ω^) 「ど,どうしてだお,ツン・・・!?」

     (やばい,ちょっと気持ちよかったお.)

ξ#゚听)ξ「そういや,アンタにはまだ教えて無かったわね.
      私は,「名無し」・・・

      ・・・まあ,ナナって呼びなさい.」

( ^ω^) 「ナナかお?」

なな
ξ#゚听)ξ「そうよ.」

531 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:53:37.19 ID:sU0yRq110

なな
ξ゚听)ξ 「・・・ブーン,ここで今あった事を,説明しなさい.」

(;^ω^) 「えっ・・・?」

なな
ξ゚听)ξ 「ん・・・?」

(;^ω^) 「・・・.」

(;^ω^) 「・・・.」

(;^ω^) 「・・・・・・・!」

なな
ξ;゚听)ξ「ちょ,まさか・・・あんた?」

533 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:54:24.29 ID:sU0yRq110

ブーンは須磨子に貰った第十三話の台本を取り出した.

( ^ω^) 「これを読むお!」

なな
ξ゚听)ξ 「把握した.」

539 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:56:37.68 ID:sU0yRq110

なな
ξ゚听)ξ 「・・・そうか,
      諸悪の根源は,須磨子だったのか・・・.」

なな
ξ゚听)ξ 「・・・.
      ブーン,起きなさい.
      ドクオが心配してるわ.」

( ^ω^) 「ドクオが・・・.」

なな
ξ゚听)ξ 「ドクオと,「津理子」が憑いてるDQNの妹が一緒にいる.
      彼らに説明したら,また戻ってきて?」

540 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:57:04.21 ID:sU0yRq110

( ^ω^) 「DQNの妹?」

なな
ξ゚听)ξ 「そうよ.」

( ^ω^) 「(良くわかんないけど)わかったお!」


ブーンの体は透けていき,消えた.

なな
ξ゚听)ξ 「よし,津理子・・・.
      やっと,ここまで来たわ・・・.」

---------------------------------------------------------------------

541 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:57:51.85 ID:sU0yRq110

ブーンは,病室で目を覚ます.

そして,点滴を抜き取り,

急いで病室から出て行った.


⊂二二( ^ω^)二⊃ブーン!!!!!



542 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:58:12.23 ID:sU0yRq110

ドクオと愛は,外出の準備をしていた.

('A`) 「ブーンの所に行こう!」

川*’ー’)「今日,病院で寝ていた人ね?」

('A`) 「そう!」

川*’ー’)「でも,行ってどうするの?」

('A`) 「何も出来ないかもしれないけど・・・,
      ここで,

      じっとしてられないんだ!」


二人で玄関から出る.

544 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:58:36.51 ID:sU0yRq110

('A`) (・・・ブーンも,愛も・・・皆俺が守る!

      どうしたらいいか,わからないけど・・・.

      ブーンと一緒にいて,

      「化け物」が出てきたとき,

      返り討ちにしてやる!

      俺が死んでも,皆を・・・!!!!111!11!!!!!)

545 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:59:05.02 ID:sU0yRq110




どかっ・・・・!

ドクオに何かがぶつかった.


(メ+ω+) 「ぶひいいぃぃぃぃ!!!」

(メ'A`) 「ぎゃああああ!!!」

548 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:00:35.11 ID:sU0yRq110

川;’ー’)「ドクオあにじゃー,大丈夫!?

      あれ,・・・ええと,ブーンさん?」

( ^ω^) 「あれ・・・?

       ひょっとして・・・,DQNの妹かお?」

川*’ー’) 「そうよ.なんで知ってるの?」

( ^ω^) 「「名無し」・・・,ナナに聞いたお!」

(メ'A`) 「どうでもいいが・・・

       どいてくれ・・・.」



554 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:04:07.50 ID:sU0yRq110

('A`) 「ブーン,治ったのか?良かった!
       本当に・・・.
       ひょっとして,呪いが解けたのか!?」


( ^ω^) 「違うお.でも,重要な情報は掴んだお!」

('∀`) 「そうか・・・!
       家の中で,話を聞こう!」





('A`) (・・・・俺の今の決心は,何だったんだ?)

555 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:04:42.27 ID:sU0yRq110

愛が,お茶を入れる.

ブーンは,今さっきの夢を思い出していた.

川*’ー’) 「はい,ドクオあにじゃー,ブーンさん.」

( ^ω^) 「お茶,ありがとうだお.」

('A`) 「ありがとう.」

(;^ω^) 「あのー?」

川*’ー’) 「はい?」

(;^ω^) 「つかぬ事をお伺いしますが,
       ドクオあにじゃー,って何ですか?」

川/////)  「ドクオあにじゃーは,ドクオあにじゃーなのじゃー.」

(;^ω^) 「・・・.」

ブーンは,深く突っ込まないことにした.

556 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:05:19.49 ID:sU0yRq110

('A`) 「ブーン,聞かせてくれ.」

(;^ω^) 「・・・.」

(;^ω^) 「・・・・.」

(;^ω^) 「・・・・・!」

(;^ω^) 「・・・・・・!」

(;^ω^) 「・・・・・・・!」

558 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:06:02.94 ID:sU0yRq110

('A`) 「あ,もういいよ.
      悩んでる間にログ読んできた.」

( ^ω^) 「把握した.」




562 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:07:37.47 ID:sU0yRq110

('A`) 「ナナは,帰って来いといったんだな?」

( ^ω^) 「そうだお.」

('A`) 「じゃあ,寝るか・・・.
      寝れなそうだけど・・・.」

( ^ω^) 「病院から,睡眠薬ぱくってきたお!」

(;'A`) 「え?そんなに簡単に取れるもんじゃないだろ?」

( ^ω^) 「作者の都合だお!」


しかしブーンが持ってきたのは,下剤だった.
結局,ドクオの家にあったものを飲んだ.

三人は,居間で並んで寝る.

575 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:10:56.63 ID:sU0yRq110

---------------------------------------------------------------------

( ^ω^) 「ナナ,帰ってきたお!」

なな
ξ゚听)ξ 「気安く呼ばないで.」

(;^ω^) 「ナナさん?」

なな
ξ゚听)ξ 「物足りないわね.」

(;^ω^) 「ナナ様!」

なな
ξ゚听)ξ 「よろしい.
      ドクオが寝次第,ドクオと合流するわよ.」

( ^ω^) 「合流? できるのかお?」

なな
ξ゚听)ξ 「できるわ.あたしに,任せておいて.
      何故か分らないけど,
      私には皆が何処にいるかが分るの.」

---------------------------------------------------------------------

583 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:13:26.70 ID:sU0yRq110

現の世界.
ドクオは布団で天井を見る.

('A`)  「寝れねえ・・・.」
('A`)  「ブーンは寝つきいいなあ・・・.」
('A`)  「・・・羊が一匹・・・羊が二匹・・・

---------
---------
('A`)  「羊が五十四匹・・・

川*’ー’)「愛ちゃんが五十五匹・・・

('A`)  「・・・
     ・・・
     愛ちゃんが五十六匹・・・
     ・・・
     愛ちゃんが五十七匹・・・

・・・
・・・

(*'∀`) 「こらー駄目だろ愛ちゃん?」

川*’ー’)「えへへへへー.」


「うぜえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!」
誰かに殴られて,二人は気を失った.

593 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:16:56.34 ID:sU0yRq110

---------------------------------------------------------------------


('A`)  「はっ・・・・!?」

なな
ξ゚听)ξ「やっと来たみたいね.」

( ^ω^) 「ドクオ!」

(;'A`) 「あれ,ブーン?」

なな
ξ゚听)ξ「よし,次は,愛と津理子の所に行くわよ?この犬!」

( ^ω^) 「はい! ナナ様!」

(;'A`) 「え・・・何?この子達?」

なな
ξ゚听)ξ「ぼやぼやしない!」

(;'A`) 「ナナ?

     ちょ,ちょっとおお???」

三人の少年少女が消えた.

---------------------------------------------------------------------

600 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:18:51.61 ID:sU0yRq110

---------------------------------------------------------------------
違う場所で,
三人の少年少女が突然現れる.

( ^ω^) 「ここかお?」

(;'A`) 「吃驚した,吃驚した!」

なな
ξ#゚听)ξ「しー!
     愛ちゃんと津理子,シリアスな話してるの.

     黙って聞きなさい.」




610 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:20:41.05 ID:sU0yRq110

20歳位の女と少女がいる.

川*’ー’)「・・・貴方が,おにぃちゃんを・・・.」

ξ゚_゚)ξ 「私が原因で,貴方のお兄さんは死んでしまった・・・.
      ごめんなさい・・・.」

川*’ー’)「・・・もういいの.」

ξ゚_゚)ξ 「・・・?」

川*’ー’)「貴方が悪いんじゃ,無いわ.
      それにドクオあにじゃー,言ってたの.
      
      人は,変われるって.
      例え,いつになっても.

      でも,一人では中々変われなくて,
      弱い人間同士が,
      支えあって,成長していけるって.

      それは,きっと津理子さんも同じなのよ.」

ξ゚_゚)ξ 「・・・.」 

614 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:21:43.04 ID:sU0yRq110

川*’ー’)「私の父親は,どうしようも無いクズだと思ってた.
      働かず,酒ばかり飲んで,暴力をふるって.

      でも,私も変わるわ.
      ドクオあにじゃーに,支えられて.

      約束する.
      だから,津理子さんも,変わろ?      

      私が,手伝ってあげる.」

ξ゚_゚)ξ 「・・・ありがとう.

      そうね・・・.
      私も,変われるのかな.」 

川*’ー’)「うん!」

628 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:27:29.16 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「きっと,私達「津理子」も同じなのね.

      私達が,支えあって,
      成長することで,
      「津理子」に戻れるんだわ・・・.」

川;’ー’)「・・・?」

ξ゚_゚)ξ  「ツンが・・・,

       どうして,強い力を持ちながら,
       その制御が出来なかったかわかる?」

川;’ー’)「えーと・・・?」

631 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:28:59.14 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ  「私はもともと,テレパシストだったの.

       私達がバラバラになった日,      
       能力もバラバラになったの.

       「名無し」・・・ナナが生まれた時は,
       力を行使する際の空間の把握能力が持っていかれた.

       そして,私が無気力になって,
       ツンと須磨子が生まれた.

       ツンには,力そのもの.
       須磨子には,力を操る能力を持っていかれたわ.

       そして基本人格「津理子」である私は,
       力のON・OFFを制御する能力だけが残ったの.

       だから,私とナナ,須磨子には能力が無いと思われたのね.
       力が無いと,殆ど意味のない能力だから.

       まあ,須磨子は少し力を持ってるのかも.
       私達の発言を,ジャミングみたいなの起こして,
       邪魔してるから.」

川*’ー’)「・・・・.」

632 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:29:51.88 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「ツンから,化け物が生まれたとき,
      ツンから力の殆どが,化け物に移った・・・.

      化け物は不思議・・・
      最初の私を超える力を持ち,
      私に元々無い力を操る.

      井戸に落ちて死んだのが・・・
      原因なのかしら・・・.」

川*’ー’)「・・・・?」

633 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:30:35.20 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「私・・・

      ひょっとしたら,本来一人で持つはずの,
      理性だとか,思いやる心も私達の間でバラバラになってたのかも.

      ・・・私,皆と1つになるわ.」

川*’ー’)「・・・・!」

ξ゚_゚)ξ 「ありがとう,愛さん.

      私,ナナに連れられて,
      皆の行動,考えを見てたの・・・.

      私だって・・・変われるはずよね?」

川*’ー’)「うん!」



634 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:31:05.61 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「ナナ・・・,出てきて.」

なな
ξ゚听)ξ 「ばれてたの?」

ξ゚_゚)ξ 「ええ・・・.」


川*’ー’)「ドクオあにじゃー!」

(*'A`) 「愛ちゃん・・・.」

( ^ω^) 「いちゃついてんじゃねーぞ.」

ξ゚_゚)ξ 「ナナ・・・行きましょう?

      須磨子とツン・・・そして,「化け物」の所へ.」

635 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:31:53.04 ID:sU0yRq110

なな
ξ゚听)ξ 「頼もしくなってきたじゃない!
      行くわよ!」


(;'A`) 「ま,またか!」

( ^ω^) 「はい! ナナ様!」

なな
ξ゚听)ξ 「この犬! 近づきすぎよ!」

( ^ω^) 「ぶひひひ.ナナ様!すいませんだお!」

5人は,消えた.

---------------------------------------------------------------------

640 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:33:30.28 ID:sU0yRq110

---------------------------------------------------------------------
「広場・・・」

ξ´_ゝ`)ξ「ツン・・・私の可愛い・・・ツン.」

ξ;;)ξ「お母さん・・・.」


二人の親子が抱き合ってるように見える.

そこから少し離れたところに,

美しい女性が立っていた.

皆良く似ている.

一人立つ女性は,わけの分らないことを喚きながら

手をぶらぶらさせていた.

641 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:34:54.31 ID:sU0yRq110

突然,俯きながら苦しそうな声を上げ,

さらに大きな声を上げる.

ξ(====)ξ「ぃ゙ぃ゙ぃ゙!!ぅ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙!!
     ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙!!!!!」

ξ´_ゝ`)ξ「うるさいよ!「化け物」!」

ξ(====)ξ「ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙?ぃ゙ぃ゙ぃ゙!!?????」

ξ´_ゝ`)ξ「ちっ・・・
     本当に馬鹿だね・・・こいつは・・・

     こんなものが,本当に可愛いツンから生まれたの?」

ξ(====)ξ「ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙!!!!!」

「化け物」と呼ばれた女は,ずっとある方を向いている.
中年女性は,そちらを見た.

643 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:35:43.51 ID:sU0yRq110



ξ´_ゝ`)ξ「来たのかい・・・.」

ξ;;)ξ「ぶーん・・・.」

( ^ω^) 「ツン!
     須磨子! てめぇえええ! ツンが泣いてるじゃねぇか!
     泣かしたな!」

ξ´_ゝ`)ξ「ふん・・・.
     泣いてる原因は,あんただろう?」

なな
ξ゚听)ξ 「あら,一方向からしか物を見れない癖,
     変わってないのね?」

ξ´_ゝ`)ξ「「名無し」か・・・.
     津理子まで引っ張り出してきて,どうしたの?」

なな
ξ゚听)ξ 「決着をつけようと思ってね.」

ξ´_ゝ`)ξ「決着?ふん.
      「化け物」が,アンタ達を殺して終わりよ!
      やれ!醜い「化け物」!」

ξ(====)ξ「・・・・.」

645 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:36:10.57 ID:sU0yRq110







しかし,「化け物」と呼ばれた女は,顔を下げたまま動かない.






646 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:36:46.09 ID:sU0yRq110






川;’ー’)「ど,どうしたのかしら?」

(;'A`) 「愛ちゃん,下がってろ・・・!」









動かない.

648 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:37:47.29 ID:sU0yRq110

ξ;´_ゝ`)ξ「ど,どうしたのよ?
       醜い!化け物!
       あたしの言うとおりに動け!」




650 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:38:13.95 ID:sU0yRq110




ξ(====)ξ「ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙?

     ・・・・・・・・・・あはははは

     あはははははははははははははははははははは・・・・・

     あーーーーーーーーははっははははっ

     あははは,ヒヒヒヒひひひひひひひひひひひひひひひひ!」





651 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:38:44.29 ID:sU0yRq110





「化け物」と呼ばれた女は,いつの間にか中年女性の後ろにいる.

「化け物」と呼ばれた女は,自分に良く似た中年女性を抱きしめた.

ξ;´_ゝ`)ξ「ちょ,ちょっと!
     何すんのよ!」

左手で無理やり顔を向けさせ,キスをした.

654 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:39:08.61 ID:sU0yRq110










・・・・

中年女性は唐突に消えた.

657 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:39:38.81 ID:sU0yRq110



ξ;;)ξ「おかあさん・・・・・・・・・!?」

(;^ω^) 「須磨子が!?」

なな
ξ;゚听)ξ「えっ?
     これは予想外・・・!?」

660 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:40:23.30 ID:sU0yRq110





「化け物」と呼ばれた女は,上半身を機械仕掛けのようにぶるぶる

フ ル ワ セ ル ・ ・ ・ ・ ・



ξ(====)ξ「あああああ.

      うふふ.
      いひひひひひ

      うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
      ふふふふふふふふふふふ.」









664 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:41:19.82 ID:sU0yRq110









津理子が,前にでた.

666 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:41:50.37 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「大丈夫.安心して?」

(;^ω^) 「えっ・・・?」

なな
ξ;゚听)ξ「どういうこと?」

ξ゚_゚)ξ 「貴方と同じよ,ナナ.
      そろそろ,皆で1つになりたがってるの.」

川;’ー’);'A`) (それは,冗談で言ってるのか(しら)!?)

668 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:42:31.53 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「大丈夫だから?おいで?」

ξ(====)ξ「ひひひひ.」

「化け物」と呼ばれた女は,

頭を上下に揺らしながら津理子に近寄る.

ξ゚_゚)ξ 「辛かったね?
      皆から,「化け物」なんていわれて.

      もう大丈夫だから.」

ξ(====)ξ「・・・・・.」

670 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:43:12.07 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「中に入った須磨子も聞いて?

      あたし達,戻ろう?

      ここにいる子たち,
      皆,強い人ばかりじゃないわ?

      でも,助け合って,苦労して,
      ・・・私の考えを変えてくれた.」

ξ(====)ξ「・・・・・あぁ.」

ξ゚_゚)ξ 「ドクオ君と愛さんが言ってたわ?
      人は,いつになっても変われるって.

      私達も,もう少し強くなろ?
      この子達を見習って.」

ξ(====)ξ「・・・・・.」

671 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:43:54.11 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「貴方に力があるのは,
      本当は一番助けて欲しかったからなんだね.

      でも,この子達の口から,
      何を吸い取っても,
      助からないわ?」

ξ(====)ξ「うああ・・・・・.」

ξ゚_゚)ξ 「少し,強くなろ?
      他人を許す心・・・
      我慢する心・・・
      相手を思いやる心・・・

      ちょっとだけ,
      私と強くなるだけで,
      私達は,戻れるの.

      私と,頑張ろう・・・.」

674 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:44:30.32 ID:sU0yRq110

ξ゚_゚)ξ 「それから,須磨子・・・.
      出井先生のこと,思い出して・・・.
      私たちのこと,何よりも大事にしてくれたわ.

      人は,皆,醜いわけじゃない.
      いえ,醜く見える人も,醜いだけじゃないわ.

      あなたも・・・私と一緒にきて・・・.
      一緒に,強くなろ?」


「化け物」と呼ばれた女は,上を向いた.

がくがく,体を震わせる.

しかし,震えはだんだん小さくなる.

そして,「化け物」と呼ばれた女は,

「化け物」では無くなり・・・・

消えた・・・.



676 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:45:18.65 ID:sU0yRq110

なな
ξ゚听)ξ「そっか・・・.
      ドクオ,ブーン,愛ちゃん・・・.

      私も・・・そろそろ,津理子に戻る.」

('A`)   「ナナ・・・.」
川*’ー’)「ナナさん・・・.」
(;^ω^) 「女王様・・・.」

なな
ξ゚听)ξ「ドクオ,ありがとうね.
      私も,貴方の言葉で,
      行動で,
      変わった気がするわ.」

ナナはドクオに近づき,頬っぺにキスをした.

川#’ー’)「な・・・!」

なな
ξ゚听)ξ「ごめんね,愛ちゃん.
      ・・・じゃあね.」

少女がまた一人,消えた.



678 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:46:01.60 ID:sU0yRq110

ツン
ξ;;)ξ 「ぶーん.」

( ^ω^) 「ツン・・・.」
     
ツン
ξ;;)ξ 「嫌だよ・・・.ブーン.
      一緒にいたい・・・.」

( ^ω^) 「ツン・・・大好きだお!」

( ^ω^) 「ブーンは,ツンがどうなっても,
      ツンが好きだお!」

ツン
ξ;;)ξ 「私も・・・.」

( ^ω^) 「・・・ブーンは,心配になったお.

      ドクオを助けにいこうとするブーンを見て,
      引き止めるツンが.

      ツンは,一緒に居て欲しかっただけなのかと・・・.」

680 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:46:48.28 ID:sU0yRq110

ツン
ξ;;)ξ 「そんなこと無い!」

( ^ω^) 「でも,ツンがどう考えていようと,ブーンはツンが好きだお!
      ブーンが,どうなっても
      幸せになって欲しいお!」

ツン
ξ;;)ξ 「・・・!」

( ^ω^) 「ツンと一緒にいるお!」

ツン
ξ;;)ξ 「ブーン・・・.」



ξ゚_゚)ξ 「・・・じゃあ,ブーン君を殺すの?」

682 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:47:33.01 ID:sU0yRq110

ツン
ξ;;)ξ 「・・・.」

(;^ω^) 「津理子!」

ξ゚_゚)ξ 「ブーン君は,生身の人間よ?
      貴方が一緒にいるには,殺さなきゃね.
      どうなっても貴方を愛してくれるブーン君を.
      幸せを祈ってくれる・・・ブーン君を.」

ツン
ξ;;)ξ 「・・・・.」

ξ゚_゚)ξ 「きっと,愛するってのは,
      寂しさを紛らわせるためのものじゃないんだわ.

      ・・・相手に幸せになって欲しいという,気持ちだったのよ.」

ツン
ξ;;)ξ 「・・・そっか.
      ブーンには,幸せになって欲しい・・・.」

683 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:48:59.01 ID:sU0yRq110

ツン
ξ;;)ξ 「・・・.」

ツン
ξ;ー;)ξ 「ブーン,ありがとう.」

( ;ω;) 「つ・・・ツン・・・?」
       
ツン
ξ;ー;)ξ 「冷静になってみれば,
      ブーンを殺すなんて,ごめんだわ.

私・・・寂しかっただけみたいね.
      ブーンが,好きなのに.

      いつの間にか,一緒に居てくれることだけ,
      考えてた.」

684 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:49:32.48 ID:sU0yRq110

( ;ω;) 「駄目だお! 消えちゃ,駄目だお!」

ξ゚_゚)ξ 「ブーン君,それは違うわ.
      ツンは,消えない.
      私になるの.」

( ;ω;) 「うるさいお!黙るお!
      ツンは,ブーンと一緒に居るお!」

ツン
ξ;ー;)ξ 「他の「津理子」達と違って,
      私はまだ,一緒になれないみたい・・・.
      でもね・・・.」

ツンと呼ばれた少女は,泣き顔のまま,

少し困った顔をして・・・

笑った.

685 名前:
最終話 投稿日: 2006/01/15(日) 23:49:54.28 ID:sU0yRq110




・・・「津理子」は消えた.

そして・・・

ブーン達も.

---------------------------------------------------------------------


戻る 進む