×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十一話

9 名前: 第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:12:01.86 ID:8JbZHXTR0

第十一話 家族


('A`) 「・・・ショボン.」

ショボンは,周囲のどこを捜しても見つからなかった.

携帯に電話しても,もちろんつながらない.

・・・

ドクオは野々村病院に向かった.

・・・

タクシー代,やばい.

11 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:12:39.37 ID:8JbZHXTR0

(´3`)「ドクオ君か.」

('A`) 「はい.ブーンの容態はどうですか?」

(´3`)「ブーンが、いつも迷惑掛けて申し訳ない.
     こいつが、何で山村村でこん睡状態になってたか、
     教えてもらえないか.」

('A`) 「迷惑なんて、掛けられてないですよ.
     僕ら,学校の課題でダムについてのレポートを考えてたんです.
     調査に時間がかかって,宿に泊まりました.
     そして,朝起きたらこんな事に.」

(´3`)「そうか・・・.
     酒とかを飲んでいたわけじゃ無いんだよね?」

('A`) 「ええ.」

(´3`)「正直,ブーンには手を焼いていてね.
     こいつの考えることは良く分らないんだよ.
     周囲に,迷惑ばかり掛けて.
     おかしな奴だ.」

12 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:13:34.13 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「おとうさん,ブーンはそんな奴じゃありません.」

(´3`)「・・・.」

('A`) 「ブーンは,いい奴です.
     僕の,大事な友達なんです.」

(´3`)「・・・.
     そうか,君と僕とでは考え方が違うようだ.

     ・・・.
     私は,明日仕事があるからもう帰るよ.
     妻と娘は,もう暫く病室にいるはずだ.」

ドクオは,ブーンの眠る病室に入る.

13 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:14:50.77 ID:8JbZHXTR0

( ‘ω‘)「ドクオ君ね.」

J( 'ω`)し 「お久しぶり,ドクオ君.」

('A`)   「お久しぶりです.ブーンはどうですか?」

J( 'ω`)し 「見てみてよ,ドクオ君・・・.綺麗だろ?
       これで死んでるんだぜ.
       嘘みたいだよな?」

( ‘ω‘)「母さん,生きてるから.」

(;'A`) (笑えねえ・・・)

17 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:17:03.04 ID:8JbZHXTR0

( ‘ω‘)「母さん,そろそろ帰ろう?」

J( 'ω`)し 「そうね.着替えを取りに行かないと.
       ドクオ君はどうする?」

('A`)   「しばらく,ここに居たいんですけど.」

J( 'ω`)し 「私,30分後にもう一回来るわ.
       それまで,ブーンを頼めるかしら?」

('A`)   「ええ.任せてください.」


ブーンの母と姉は病室から出て行った.

18 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:17:46.03 ID:8JbZHXTR0

('A`)   「・・・ブーンどうしちゃったんだよ?
       ツンのせいなのか?」

('A`)   「・・・ブーン.」


ブーンは,眠っている.

19 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:18:14.91 ID:8JbZHXTR0

携帯がなった.

・・・ぴちょん

またか.

あの,嫌らしい音.

件名:
本文:残り日数 3日

('A`) 「俺は,あと3日だな.」

('A`) 「ブーンは,あと二日か.」

('A`) 「・・・.
      疲れたよ・・・.」

20 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:19:47.07 ID:8JbZHXTR0

---------------------------------------------------------------------

現ではないどこか.

( -ω-) 「・・・.」

ξ^ー^)ξ「ブーン.」

少女は,ブーンを抱きしめている.

ブーンは動かない.

しかし,少女の顔は幸せそのものだった.

ブーンの顔に,頬ずりをしている.

・・・

21 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:22:11.28 ID:8JbZHXTR0

良く似た少女がもう一人現れる.

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「あんた,何やってんの?」

ツン
ξ゚−゚)ξ 「また来たの?
      ・・・見て分らない?

      邪魔しないで.」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「わかんないわよ.
      抱き枕が欲しいなら,そこらへんで買って来なさいよ.
      幾らでも売ってるわ.」

23 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:23:53.96 ID:8JbZHXTR0

ツン
ξ゚−゚)ξ 「馬鹿ね.ブーンだからいいの.」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「あんた,バカァ?
      そんな奴のどこがいいの?」

ツン
ξ゚−゚)ξ 「見てよ.可愛いじゃない.
      アタシのこと,大事って言ってくれたし.
      一緒に居たいって,言ってくれた.」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「・・・それじゃあ,なんでそんな事したの?」

ツン
ξ^ー^)ξ 「馬鹿ね.
      こうしたら,一緒に居られるじゃない.」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「狂ってるわね.
      好きな男に,幸せになってもらいたいと思わないの?」

24 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:25:23.13 ID:8JbZHXTR0

ツン
ξ゚−゚)ξ 「ブーンは,私とこうしていることが幸せなの.
      考えてよ.

      彼,苛められてる.
      家族からも,蔑まされてる.

      アタシに似てるわ.
      アタシだけが,彼のことを分ってあげられるの.

      ブーンは苦しまずに死んで,アタシと一緒にいるのが幸せなの.」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「やっぱり,傷の舐めあいしたいだけじゃない.
      いい加減にしなさいよ.

      彼は生きてるのよ?
      心配してくれる,いい友達だって居る.
      勝手に殺して,いいと思ってるの?」

25 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:26:18.31 ID:8JbZHXTR0

ツン
ξ゚−゚)ξ 「ブーンは,死んでもいいっていったもん!」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「もう一回,起こしてみれば?
      貴方を殺すから,一緒に居てくださいって.
      死んでも,一緒に居たい?

      実際に殺されそうになったら,
      どんな風に言うか,見ものよね.」

ツン
ξ゚听)ξ 「うるさい!
      さっきから,あんた何よ?
      鬱陶しいわね!
      一体,あんた誰?」

二人目の少女
ξ゚听)ξ 「あたし?
      あたしは・・・






      ・・・「名無し」よ.」

26 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:26:57.24 ID:8JbZHXTR0

ツン
ξ゚听)ξ 「・・・あんたが,須磨子がいってた?」

名無し
ξ゚听)ξ 「そうよ.
      あんただけが,苦労してるなんて思わないで!

      父親に犯された記憶を持ってるのは!

      私なんだからね!」

ツン
ξ゚听)ξ 「・・・父親に犯された?」

名無し
ξ゚听)ξ 「あんた,知らなかったの?
      須磨子には言ったのに.」

ツン
ξ゚听)ξ 「・・・.」

27 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:27:25.94 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「・・・私のことは,どうでもいいわ.
      あんたは,自分の事を考えてなさい.

      あんたがやってる事は,自分の仲間を増やそうとしているだけ.
      前も言ったけど,ただの傷の舐め合いよ!」

「名無し」と名乗った少女は消えた.

ツン
ξ゚听)ξ 「・・・.
      ブーン,アタシ,間違ってる?
      一緒に居たいだけなのに.
      ずっと,ずっと.」

---------------------------------------------------------------------

28 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:28:08.48 ID:8JbZHXTR0

ドクオは,ブーンの横で呆然としている.

病室に,近づいている足音がする.

J( 'ω`)し「ドクオ君,保守ありがとうね?」

(;'A`) 「保守?」

J( 'ω`)し「そろそろ,ドクオ君も帰りなさい.」

(;'A`) 「はあ.わかりました.
      ブーンを宜しくお願いします.」

('A`) 「はあ.正直,これからどうするかなあ.
      さっぱりわかんね.」

('A`) 「今日は,帰って寝よう.
      ・・・疲れた.」

ドクオは帰宅する.

29 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:29:31.93 ID:8JbZHXTR0

家では,泣いているドクオの母親と,それをなだめる叔母が居た.

('A`) 「ただいま.」

(‘∀‘) 「あ,ドクオ君.」

('A`) 「ありがとうございます,叔母さん.
      今は母さんは,咲みたいですね.」

(‘∀‘) 「そうよ.」

J( ;ー;)し 「ドクオお兄ちゃん・・・.」

('A`) 「咲ちゃん,
      どうしたの?
      寝れないの?」

J( ;ー;)し 「咲ちゃんね,嫌な夢みたの.」

('A`) 「どうしたの?
      お犬さんに,追いかけられたの?」

J( ;ー;)し 「ドクオお兄ちゃんが,死ぬ夢・・・.」

30 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:32:34.27 ID:8JbZHXTR0

(;'A`) 「えっ・・・?」

J( ;ー;)し 「ドクオお兄ちゃん,気をつけて.
      死んじゃ嫌だよ!」

(;'A`) 「大丈夫だよ,お兄ちゃんは死なないから.」

J( ;ー;)し 「本当? 良かった・・・.」

ドクオの母親は,眠りについた.

31 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:33:16.56 ID:8JbZHXTR0

(‘∀‘) 「お疲れ様.
      レポートは進んだの?」

(;'A`) 「あ,はい・・・.
     (嘘付いててごめん,叔母さん)

(‘∀‘) 「最近の高校生は大変ね.
      そんなレポートがあるなんて.」

('A`) 「まあ,普通の授業よりは楽しいっすよ.」

(‘∀‘) 「ドクオ君のご飯くらい,冷蔵庫にあるから.
      食べて?
      私,ちょっと帰りたい.」

('A`) 「あ,ありがとうございます.
      今日は,もういいですよ.
      明日から,また暫く頼むかもしれないっすけど.」

ドクオの叔母さんは,出て行った.

32 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:33:48.19 ID:8JbZHXTR0

ドクオは,母親が寝ているのを確認して,
夕飯をとり,風呂に入った.

('A`) 「ブーンは,ショボンは,どうしたんだろう?
      ショボン,死んでしまったのかなあ.
      ショボンの家族に,なんて伝えよう.」

('A`) 「DQNの家族にも会いに行かないと.」

('A`) 「どうしよ.」

('A`) 「呪いの解き方,わかんねえし.
      身辺整理するしかねえかな.」

('A`) 「ウツダ・・・シノウ.」

ドクオは,眠った.

33 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:34:27.88 ID:8JbZHXTR0

---------------------------------------------------------------------

('A`) 「あ・・・.」

ξ゚听)ξ 「あら? 来たのね.」

('A`) 「そろそろ,君が何者か教えてください.」

ξ゚听)ξ 「・・・.私は,「名無し」よ.」

('A`) 「君の目的は?」

名無し
ξ゚听)ξ 「津理子を助けたいの.」

('A`) 「津理子??
      あー,基本人格,
      津理子に最初から居た人格?」

34 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:35:10.55 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「そう.
      私は,津理子が強くならないと,
      1つになれないの.

      あのキチガイ・・・,ツンもそう.

      彼女らが辛いトラウマを克服できる,
      強さを持って欲しい.

      だから私は,ドクオに憑いた.
      そして,津理子に教えてるの.」

(;'A`) 「ツン?
      そうだ! ブーンは?」

名無し
ξ゚听)ξ 「ブーンは,キチガイ女の餌食になってるわ.」

(;'A`) 「・・・助けたい.」

35 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:35:47.86 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「・・・.
      ツンの力は強いから・・・.
      
      私が説得試みてるんだけど.」

(;'A`) 「俺に出来ることは?」

名無し
ξ゚听)ξ 「・・・.」

(;'A`) 「・・・俺に憑いたってのも分らないんだけど.
      あんたは,俺にしか憑いてないの?」

名無し
ξ゚听)ξ 「基本的にはね.
      私達,交代人格だったものは,
      あのスレから自分の気になる人を探ってたの.

      ツンなら,同じ境遇のブーン.
      須磨子は,ツンを追い込んだあいつ等に似ているショボンとDQN.
      私は,あんたに.」

(;'A`) 「強さなら,ショボンに憑けばいいのに.」

36 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:36:30.29 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「ショボン・・・.
      彼は,強くあろうとしていた.
      そして,焦ってた.
      でも,彼は心が強いとは思わなかったわ.
 
      あなたは,出井先生に似てる.
      周りを思いやる強さがある.」

(;'A`) 「・・・.
      そうは思えないけど.

      聞きたくないけど,ショボンは?」

名無し
ξ゚听)ξ 「ショボンは・・・
      


      ・・・残念ながら,分らなくなった.
      多分,死んだ・・・?」

(*'A`) 「多分・・・?
      ひょっとして,生きてるのかもしれないの?」

37 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:37:30.64 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「DQNが死んだ時,分ったんだけど.
      須磨子とショボンが突然,一緒に消えたの.」

(;'A`) 「・・・????」

(;'A`) 「須磨子の目的は?」

名無し
ξ゚听)ξ 「わからない.
      私達がこうなる前は,1つになる事だったんだけど.
     
      今は,人に対する強い恨みの念を感じるわ.」

(;'A`) 「こう?」

名無し
ξ゚听)ξ 「体が無く,人には見えないけど自由に動けるの.
      人格間で最早,バラバラ.
      他の人間とのコミュニケーションは,夢でならとれる.」

(;'A`) 「なんで,恨んでる?」

名無し
ξ゚听)ξ 「須磨子は,ツンと特別仲がいいの.
      それで,ツンがあそこまで追い詰められたことに,
      腹を立ててるんじゃないかしら?」

('A`) 「・・・.」

38 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:38:09.26 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「わからないことだらけよね.
      ツンから生まれた「アイツ」のせいで,
      私にもかなり把握できないところがあるの.
      分ったら,教えてあげる.」

('A`) 「名無し,感じ変わったな?」

名無し
ξ゚听)ξ 「そ,そんなことないわよ!



      まあ,あんたを見て,変わ(ごにょごにょ.」

(;'A`) 「え・・・,何?」

39 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:39:37.73 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「・・・.
      今日は,ゆっくり休みなさいな.
      アイツは,私が抑えておいてあげる.」

('A`) 「アイツ?化け物のこと?」

少女は,頷いた.

('A`) 「ひさしぶりに,ゆっくり休めるのか.

      ・・・「名無し」が,
      いつも襲い掛かってくる「化け物」を
      けしかけてるのかと思った.
      ごめん.」

名無し
ξ゚听)ξ 「・・・.いいのよ.」

('A`) 「ん?「化け物」の目的はわかる?」

40 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:40:17.22 ID:8JbZHXTR0

名無し
ξ゚听)ξ 「私達,発言に制限受けてるの.
      アイツについて,何故か詳しく言えない.

      どうせ,覚えてないんだけど.」

('A`) 「覚えてないのに?」

名無し
ξ゚听)ξ 「頭が弱いんじゃない?
      制限してるのはたぶん,アイツなんだろうけど.」

(;'A`) 「・・・?
      そういや,
      ツンから生まれた「化け物」イコール
      俺やブーンの夢に出てきた化け物なのか?」

41 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:40:53.11 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「・・・.
      ありがとう.教えてくれて.


      ・・・「名無し」か.」

名無し
ξ゚听)ξ 「何?」

('A`) 「「なな」って呼んでもいい?
      「名無し」じゃあ可哀想だし!」

なな?
ξ///)ξ 「な!?」

(;'A`) 「やっぱり,止めようか.」

42 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:41:35.97 ID:8JbZHXTR0

なな?
ξ///)ξ 「ちょ,
      あんまりに,安易だったから,吃驚しただけよ.
 
      まあ,あんたがそう呼びたいなら,好きにしたら!?」

少女は消えた.

(;'A`) 「あ・・・.」








・・・・・・・・・やめてよ.

・・・・・・・・・・名前もらったら,消えたくなくなっちゃう.

---------------------------------------------------------------------

43 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:42:29.80 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「朝か・・・.」

J( 'ー`)し「ドクオや・・・.」

('A`) 「えーと,たみ婆さん?」

J( 'ー`)し「ファイナル・アンサー?」

(;'A`) 「えっと,谷さんか.」

J( 'ー`)し「退かぬ!!媚びぬ、省みぬ!!
      一度出した答えを撤退するとは,ドクオらしくないな.
     ドクオに,逃走はないはずなのだーっ!!」

(;'A`) 「俺の部屋の漫画,好きに読んでいいよ.
      朝ごはん作るね.」

J( 'ー`)し「リミッター・解除!しとくよ.」

ドクオは,簡単な朝飯を作る.

その間に,叔母さんが来てくれた.

44 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:43:34.58 ID:8JbZHXTR0

3人でご飯を食べる.

('A`) 「叔母さん,今日もお願いします.」

(‘∀‘) 「わかっているわ.いってらっしゃい.」



ドクオは,ショボンの家にいった.

45 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:45:49.22 ID:8JbZHXTR0

(;TДT)「どなたなのカー?」

('A`) 「えーと,僕はショボンの友達のドクオです.」

(;TДT)「なんと,坊ちゃまのお友達だったのカー!」

('A`) 「坊ちゃま?」

(;TДT)「私は,執事兼,坊ちゃまの家庭教師をやっております,
     オマエ・モカーというのカー?」

(;'A`) 「いや,しらねえよ.」

46 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:49:52.10 ID:8JbZHXTR0

(;TДT)「すいません.感極まってしまいまして.
      わ,わたくしめは,感動しております!
      坊ちゃまは,世界一の日本男児になられるお方.
      しかし,連れてくるご友人は,日本男児からかけ離れた者たちばかり.
     
      モカーとしては,大変心配だったのです!

      今日,やっと,まともなご友人が来てくださったのカー!」

('A`) 「DQNは,そんなに悪い奴じゃありません.」

Σ(;TДT)「なんと!やっぱり,オマエもDQNの仲間なのカー?」

(;'A`) 「ちょ,もういいよ.
     ショボンの事で,ご家族に話がしたいのですが.」

(;TДT)「ご家族は,皆ここには居ないのです.」

(;'A`) 「えっ?」

(;TДT)「海外でそれぞれ,お仕事していらっしゃいます.
      何か,伝言があるのカー?」

('A`) 「・・・ショボン君は,暫く帰れません.」

47 名前:
第十一話 投稿日: 2006/01/14(土) 20:54:26.98 ID:8JbZHXTR0

('A`) (何も,いえなかった.)

ドクオは携帯をとりだし,ショボンの電話番号にコールした.

出ない.



ドクオは,何をするわけでもなく歩く.

('A`) (どうしよう,学校行く気もないし.)

警察所の前を通りがかった.

とてててて

誰かが走ってくる足音がする.

川???????)「あの,ひょっとして.」

川*’ー’)「ドクオさん?」


戻る 進む