×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十二話

94 名前: 第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:13:45.95 ID:8JbZHXTR0

第十二話 仲間


川*’ー’)「ドクオさんですよね?」

(*'A`) 「え? 誰?」

川*’ー’)「DQNの妹です.名前は愛っていいます.」

(;'A`) 「え?全然似てない・・・.」

川*’ー’)「腹違いなので・・・.」

(;'A`) 「え?いきなり,失礼なこと言ってごめん!」

川*’ー’)「慣れてますから.大丈夫です.」

('A`) 「昨日は,大変だったね.」

川*’ー’)「ええ・・・.」

116 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:28:08.83 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「・・・.

      どうして,俺のこと知ってるの?」

川*’ー’)「・・・笑わないでくださいね.

      おにぃちゃんが,夢に出てきたの.

      そこで,おにぃちゃんがいったの.

      ドクオさんに会えって.

      お前の力に,きっとなってくれるからって.」

('A`) 「そうか・・・.

      俺も,DQNには頼まれてたから.
      俺で,できる事なら.」

117 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:29:32.72 ID:8JbZHXTR0

川*’ー’)「本当!?

      ・・・!
      突然で悪いんだけど,しばらく
      ドクオさんの家に泊めてもらえませんか?」

(;'A`) 「え? 何で?」

川*’ー’)「ずうずうしくて,ごめんなさい.
      お葬式の用意とかする以外は,
      うちに居たくないの.

      お父さんが家にいるから,居たくないの.」

('A`) 「親父さんと仲悪いの?

      そういや,親父さんと問題がある,
      みたいなこと言ってたな・・・.」

川*’ー’)「大嫌い・・・・.」

('A`) 「・・・.」

119 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:31:03.14 ID:8JbZHXTR0

川*’ー’)「まっこと・・・・正真正銘・・・・
      人間のクズ・・・・・・・・!

      このままでは・・・・

      しゃぶられる・・・・・・・・・・!
      骨の髄まで・・・・・・・・

      あの・・・・
      あのクズに・・・・・!

      グっ・・・・!」

(;'A`) 「・・・.」

川*’ー’)「・・・言っちゃ悪いけど、あいつは
      正真正銘のクズ・・・・・・・・・・

      負けたからクズってことじゃなくて
      可能性を追わないからクズ・・・・・!

      あいつは負け続けてきたから
      今、誰からも愛されることなく貧窮し、ウジウジと・・・・・・・・・・

      人生の底辺を這って・・・・・・・・・・

      這って、這って、這っているのよ!」

123 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:36:48.60 ID:8JbZHXTR0

(;;'A`) 「ええと・・・.」

(;'A`) 「・・・.」

(;'A`) 「でも,親父さんなんだろ・・・?」

川*’ー’)「・・・.
      無職で,酒飲み.

      私達がいると,いつも暴力を振るってきたわ.      
      あいつ・・・がいる時は,
      私とおにぃちゃんは,大抵ショボンさんの家に泊めてもらってたの.

      ショボンさんにはかなりお世話になったの.

      でも,おにぃちゃんも,・・・ショボンさんも何処かにいっちゃった.」

('A`) 「・・・.」

125 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:37:44.74 ID:8JbZHXTR0

川*;ー;)「私,体が弱くて,特に小さい頃・・・入院ばかり・・・・
      友達もほとんど,いなくて・・・

      家にいると,どうなるか・・・.」

周りには通行人がいる.

こちらを見て,ひそひそ話し出す人までいた.

(;'A`) 「歩きながら話そう.」

何となく,野々村病院へ向かう.

128 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:42:01.54 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「俺は,それでも親父さんを見捨てないでやって欲しい.」

川*;ー;)「・・・.」

('A`) 「皆,弱いところがあるのはしょうがないよ.

      弱い部分を補い合って,
   
      それを踏み台にして少しずつ成長していくんだ.

      愛ちゃんだって,弱いところがあるでしょ?

      大人になったて,そう.
      
      20歳過ぎたからって,いきなり強くなるんじゃないと思うんだ.

      逆にいえば,何時になっても,人は変われるはずだよ.

      親父さんだって,
      
      愛ちゃんが本当に心を開いて支えてあげたら,

      きっと変わるよ.」

川*;ー;)「・・・.」

133 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:46:04.02 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「・・・

      いきなり言っても,分らないよね?

      俺にも,そんな時期があった.

      泊まっていったらいいよ.

      でも,俺の言ったことが分った時は,

      親父さんのところに,戻ってやって欲しい.」

川*;ー;)「うん・・・.」

川*;ー;)「いいの・・・?」

('A`) 「ああ,カーチャンがいて,たまに叔母さんが来るだけだから.」

川*;ー;)「お父さんは?」

('A`) 「いないよ.

      正確に言うと,知らないだけだけど.」

川*;ー;)「・・・!」

145 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:55:54.11 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「ちょっと,友達の所に行ってもいいかな?

      それから,家に連れて行くよ.」

川*;ー;)(本当だ.おにぃちゃん・・・
      この人なら,守ってくれそう・・・.)





('A`) (・・・・俺,
      
      後,二日とちょっとしかないのに.

      どうしたらいいんだろ.)

148 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:58:14.47 ID:8JbZHXTR0





-----------------
ξ゚听)ξ 「・・・・.」

ξ゚听)ξ 「聞いた・・・?.」

ξ゚听)ξ 「・・・・.」

・・・・
・・・
・・

-----------------




149 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:58:57.90 ID:8JbZHXTR0




ブーンの病室には誰もいなかった.

ドクオは,ブーンに今日あった事を簡単に話しかけた.

返事はない.

ドクオは,ブーンのベットの隣の椅子に腰掛け,

黙っていた.

愛は,何となく話しかけることが出来ず,

ドクオの隣の椅子に座って,

やはり黙っていた.


・・・夜が来る.

153 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/14(土) 23:59:48.29 ID:8JbZHXTR0

今日は,何も出来なかった.

('A`) (出来ることは,ショボンとやったと思ったんだけど.
      少なくとも,俺達に出来ることは.

      ・・・カーチャン,それに,
      愛ちゃん残して,


      俺は死ぬんだろうか・・・.)


ドクオと愛は,ドクオの家に向かう.

154 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:00:51.92 ID:8JbZHXTR0

('A`) 「ただいま.」

(‘∀‘) 「おかえり.」



川*’ー’)「・・・お邪魔します.」

(‘∀‘) 「あら・・・?
      ドクオ君も隅に置けないわね.
      彼女?」

('A`) 「ちが・・   川*’ー’)「はい!」

(;'A`) 「ちょwww」

155 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:01:53.06 ID:N8HXgeNm0

(‘∀‘) 「あらあら?」

(;'A`) 「違うって,友達の妹だよ.」

川*’ー’)「・・・はーい.そうです.愛っていいます.」

川*’ー’)「ドクオ君のお母さんですか?」

(‘∀‘) 「あらあら?そんな年に見える?」

川*’ー’)「いいえ!
      とっても若く見えるから,誰だろうと思って!」

(‘∀‘) 「まあ.30歳だから若くないわよ.

      おほほほほ.

      私は,ドクオ君の叔母です.
      愛ちゃん,よろしくね.」

川*’ー’)「よろしくお願いします.
      ドクオさんの,お母様は居られないんですか?」

159 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:04:05.68 ID:N8HXgeNm0

(‘∀‘) 「今,寝てるわね.
      谷さんが出てきたから,話し合わせるの大変だったわ.」

('A`) 「お疲れ様です.」

川*’ー’)「たにさんがでてきた・・・????」

(‘∀‘) 「あらあら,この子?」

('A`) 「・・・話してなかったな.
      愛ちゃん,うちのカーチャンは

      多重人格障害なんだ.」

川*’ー’)「多重人格・・・障害・・・・?」

('A`) 「ああ.」

165 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:06:34.02 ID:N8HXgeNm0

川*’ー’)「ドラマに出てくる,
      一人の中に一杯違う人がいるみたいなやつ?」

('A`) 「まあ,そんな感じ.」

川*’ー’)「ドクオさん・・・

      何で,


      父親はいないし・・・. 
      ・・・私の家よりもある意味大変じゃない・・・.」

('A`) 「・・・.

      俺は多重人格障害は,
      特別な病気だと思っていない.

      必ず,治るよ.いや,治す.

      それに,頼れる叔母さんもいるから.」

(‘∀‘) 「まあねえ.」

川*’ー’)「・・・.」

168 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:08:25.68 ID:N8HXgeNm0

('A`) 「・・・家に泊まっていくんだよね?

      カーチャンは人格によっては,・・・酷い行動をとる事もあるから,
      ・・・気をつけて.」

川*’ー’)「・・・うん.」

(‘∀‘) 「あらあら,服はあるの?」

川*’ー’)「あっ・・・.」

(‘∀‘) 「叔母さんの若い頃のでよければ,貸してあげる.」

川*’ー’)「・・・よろしくお願いします.」

(‘∀‘) 「それじゃ,ご飯用意してあげるから

      お風呂にでも入ってきなさいな.

      ドクオ君,流石に愛ちゃんはまだ若いから,

      一緒に入ろうとかは考えちゃだめよ?」

(;'A`) 「ちょwwwねーよ」

170 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:10:10.10 ID:N8HXgeNm0

愛が一番最初に入る.

愛は出てきたとき,涙目だった.

次に,ドクオがお風呂に入る.

愛は自分の父親に連絡を入れていた.

172 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:11:21.90 ID:N8HXgeNm0



(‘∀‘) 「ご飯,出来たわよー?」

ドクオの母親は起きてこず,

3人でご飯を食べた.

愛の布団をドクオの部屋に敷き,

叔母さんは言った.

(‘∀‘) 「それじゃ,帰るわね.

      ドクオ君,若いからって,理性は忘れないように.」

174 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:12:34.93 ID:N8HXgeNm0

(;'A`) 「ちょwwwねーから!
      お疲れ様です.
      また,明日もお願いします.」

ドクオは,居間で寝るため,自分の布団を移した.

175 名前: 第十二羽 投稿日: 2006/01/15(日) 00:16:26.98 ID:N8HXgeNm0

布団を動かしてから,耳を澄ます.

風呂のほうから,

うなり声が聞こえた.

(;'A`) 「なんだあ?」

川*’ー’)「あれ?最後かと思って,栓を抜いちゃった.」

(;'A`) 「誰も入る人,いないよ.
     まさか,どろぼう・・・?」

177 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:18:34.92 ID:N8HXgeNm0

居間に布団を敷く時,愛は後ろに立って言った.

川*’ー’)「いっしょでもいいのに.」

(*'A`) 「・・・.」

(*'∀`) 「・・・.」

Σ(;'A`) 「・・・.」

('A`) 「だめ!」

179 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:20:49.67 ID:N8HXgeNm0

川*’ー’)「そっかあ.」

川*’ー’)「・・・.」

('A`) 「何?」

川*’ー’)「おにぃちゃんって,呼んでもいい?」

(*'A`) 「なっ・・・!」

川*’ー’)「だめ・・・?」






           ;y=ー(゚д゚)・∵.ターン

(*'A`)   「dそいごあじぇpわjごsdlぽkふぁpsdpg・・・・!」

180 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:21:47.04 ID:N8HXgeNm0

川;’ー’)「え?
      えーと,じゃあ,
 
      兄貴!」

('A`) 「そっちの方が,いいな.」
     (理性が抑えられるから)

川*’ー’)「じゃあ,ドクオの兄貴!
      これから,よろしくお願いします.」

182 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:22:24.23 ID:N8HXgeNm0

('A`) 「おう.
      俺,居間にいるから.

      俺の部屋の漫画と,パソコンは自由に使っていいよ.」

189 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:24:48.12 ID:N8HXgeNm0

ドクオは居間に行くと,一人で考え込む.

('A`) (俺はあと,二日・・・.

      ブーンは,後一日・・・.




      どうしたらいいんだ.

      ショボン,お前のような,頭や冷静さが欲しいよ.

      ブーン,お前のような行動力や,運があれば・・・.

      考えてみたら,俺は,二人に付いていただけで・・・.

      何もやってない.)

191 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:26:24.11 ID:N8HXgeNm0

('A`) (今日なんて,
      DQNの妹を託されて・・・

      面倒見て・・・


      逃避行動じゃないのか,これ?

      俺一人残されて,どうすりゃいいんだよ.)






('A`) (・・・・そろそろ,あのメールが来る時間か.)

192 名前:
第十二話 投稿日: 2006/01/15(日) 00:27:13.69 ID:N8HXgeNm0








・・・・ぴちょん・・・・・・・・・ぴちょん

・・・・・ぴちょん・・・ぴぴちょん
    
('A`) 「来たか・・・.ん?」


・・・音が,複数聞こえた.

一方は,ドクオのズボンのポケットから.

そして,もう一方は,

ドクオの部屋のほうから・・・.





戻る 進む