×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十三話

447 名前: 1 ◆kYa.Q/JCHg 投稿日: 2006/01/15(日) 22:00:23.57 ID:sU0yRq110

始める・・・
色々矛盾点は残るが・・・
多めにみて欲しい

それから第十二話で,

愛がドクオの呼び方を,

ドクオの兄貴,としましたが

協議の結果,

ドクオあにじゃーに変えます.

かわいいから

448 名前: 第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:00:52.91 ID:sU0yRq110

第十三話 「化け物」が生まれた日


ドクオは,自分の部屋に飛び込む.

愛は吃驚した顔をする.

川;’ー’)「ど,どうしたのじゃ.ドクオあにじゃー.」

(;'A`) 「妹者!!!!!」

川//////) 「きゃ!まだ・・・だめぇ!」

452 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:04:03.85 ID:sU0yRq110

ドクオは,愛の持つ携帯を奪い取る.

川;////) (あれ・・・?)

件名:
本文:残り日数 2日


(;'A`) 「・・・・・・・・・!」

川;’ー’)「た,ただのイタメルよ?
      最近,いつも来て気持ちが悪いけど.」

(;'A`) 「愛・・・これは・・・.」

(;'A`) (何をいうつもりだ・・・俺は・・・・
      解決法も解らないのに・・・・
      
      言っても,不安に,させるだけ・・・・

      ちくしょう・・・・)

453 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:05:51.00 ID:sU0yRq110

川;’ー’)「・・・ドクオあにじゃー.」

(;'A`) 「いつからこのメールを?」

川;’ー’)「5日くらい前かなあ・・・?」

(;'A`) 「VIPで変なスレ,みちゃった時じゃない?」

川;’ー’)「そうかも.
       DQNおにぃちゃんのパソコン,勝手にいじってたの.

       そしたら・・・.」

('A`) 「・・・この,メールが来るようになって,

      変な夢,見るようになってない?」


川;’ー’)「・・・えっ!?

      なんで,知ってるの?」

454 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:06:38.92 ID:sU0yRq110

('A`) 「・・・聞かせて?」

川;’ー’)「・・・いいけど.
      でも,ほとんど何もいってくれないの.

      「あんた,誰?」って聞いても
      中々喋ってくれなくて.

      昨日,やっと喋ってくれた.」

('A`) 「・・・何て?」

川;’ー’)「「あたしは,津理子.
        私達,似てるね.」
       と,
       
       「私,病気なんだけど.
        治したほうがいいのかな.」
       それだけ.

       ここ5日間で,それだけ.」

455 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:07:48.11 ID:sU0yRq110

('A`) 「・・・そうか.」

川;’ー’)「ねえ,なんで,そんな顔してんの!?
      ・・・DQNおにぃちゃんもこのメール受信してた.
     
      まさか!
      死んだのと何か,関係あるの!?」

ドクオは,愛の頭を撫でる.

('A`) 「・・・知りたい?」

川;’ー’)「うん!」

('A`) 「後悔するよ?」

川;’ー’)「知らないほうが・・・後悔するよ.」

('A`) 「わかった・・・.」

ドクオは,諦めた顔をして,
今までの話を愛に話した.

当然だが,愛は信じられない顔をした.

しかし,ドクオの顔を見て現実であることは理解したらしい・・・.

456 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:09:02.84 ID:sU0yRq110

('A`) 「今日,「津理子」と会ったら何とか手掛かりを聞き出してくれないか?」

川;’ー’)「わ・・・わかったのじゃ.ドクオあにじゃー.」

('A`) (話して,良かったんだろうか・・・.)



('A`) (ブーンよう.

      そろそろ,起きろよ.

      お前,もう明日なんだぞ?)

457 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:11:21.55 ID:sU0yRq110

---------------------------------------------------------------------

( -ω-) 「うっ・・・.」

ξ゚ー゚)ξ「ブーン・・・.

      起きちゃったの?」

( -ω・) 「ん?
      ツン・・・.」

ξ゚ー゚)ξ「ブーン・・・.」

眠そうなブーンの上半身を,少女は抱きしめる.

二人の周りに,白い雪のようなものが降っている.

ξ゚ー゚)ξ「まだ,いいのよ?
      ゆっくりお休みなさい.」

458 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:12:17.75 ID:sU0yRq110

( ・ω・) 「ツン・・・.

      ドクオに呼ばれた気がしたお・・・.
      今,何時だお・・・?」

ξ゚ー゚)ξ「いいの・・・.
      全て忘れて,休んでて.」

( ・ω・) 「ツン,ブーンには今,時間が無いお.

      ドクオや,ショボンが死んでしまうお.」

ξ゚ー゚)ξ「・・・ドクオ,ショボン・・・?


      いいじゃない? 


      ・・・アタシ達さえ,一緒なら.」

459 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:13:04.90 ID:sU0yRq110

眠い目を擦り,ブーンは喋る.

( ・ω・) 「ツン,

      ドクオとショボンは,大事な友達だお・・・.」

ξ゚听)ξ「私がいるだけじゃ,駄目なの?」

( ・ω・) 「ツン・・・.そういう問題じゃないお.」

ξ゚听)ξ「どうせ,起きても同じよ.
      アイツに皆,殺される.

      それなら,静かに



     ・・・ 死のうよ.」

460 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:13:57.95 ID:sU0yRq110

( ^ω^) 「ツン.
      駄目だお.
      ブーンは,友達は見捨てられないお.」

ξ゚听)ξ「アンタの残り時間は,もう1日ないの.」

(;^ω^) 「!」

ξ゚听)ξ「ショボンは,もういないわ.」

( ;ω;) 「ドクオ,ドクオを助けなきゃ!」

ξ゚听)ξ「ドクオ,ドクオって・・・.」

ξ゚听)ξ「そう言って,アンタも離れていくの?

      なんで,
      一緒に・・・.」


ξ゚听)ξ「嫌だよ・・・.」

(;^ω^) 「ツン・・・また戻ってくるお・・・.」

(;^ω^) (ツン・・・ツンはひょっとして・・・・・・)

461 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:14:46.02 ID:sU0yRq110

ξ?????)ξ「ツン,もう止めなさい.」




中年女性が現れた.

(;^ω^) 「お前は,誰だお?」

ξ゚听)ξ「おかあさん・・・.」

(;^ω^) 「おかあさん・・・,
      ってことは・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・

      えーと,あれ?」

ブーンは,カンニング・ペーパーを見た.

( ^ω^) 「須磨子かお!」

462 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:17:52.72 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「そうよ.醜い子豚さん.」

(;^ω^) (醜い子豚・・・)

ξ´_ゝ`)ξ「ツン,もう止めましょう.
      あたし達と一緒に居られる人間なんていないわ.」

ξ´_ゝ`)ξ「・・・私と一緒に行きましょう?」

ξ゚听)ξ「おかあさん・・・.
      ツンは,ツンはね.」

ξ´_ゝ`)ξ「ブーン君だって,ツンから離れたがってるわ.
     私達は,仲間に危害を与える憎い存在ですもの.」

(;^ω^) 「そんなことないお!」

ξ´_ゝ`)ξ「うるさい,黙れ.
     私達だって,貴方達が憎いわ.
     大事なツンを,こんな目に合わすんですもの.」

463 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:18:41.85 ID:sU0yRq110





ツン・・・

「化け物」を操って,一人でも多くの醜い人間どもを

殺してあげましょう?

私はね,ツンを自殺に追い込んだ「人間」という存在自体が

憎くて,憎くて,憎くて,堪らないのよ・・・!





464 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:19:37.51 ID:sU0yRq110

(;^ω^) 「・・・!」

(;^ω^) 「・・・どういうことだお!」

ξ゚听)ξ「お,・・・おかあさん?」

ξ´_ゝ`)ξ「ふフ,止めましょう.
      ツン.
     いイ子ぶるのは.」

ξ゚听)ξ「え・・・?」

ξ´_ゝ`)ξ「貴方だって,本当は憎いんでしょう?」

ξ゚听)ξ「え・・・?」

ξ´_ゝ`)ξ「覚えてないものね.ツンは.
      私が,忘れさせてあげたから.」

465 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:20:14.18 ID:sU0yRq110


私が記憶を戻してあげるわね・・・.







ξ><)ξ「いやああああああああ!!!」

466 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:21:06.67 ID:sU0yRq110

(;^ω^) 「ど,どうしたんだお!ツン!」

ξ><)ξ「ブ,ブーン.

     アタシは,あたしわ・・・・」


ξ´_ゝ`)ξ「出井先生と,私は,男達の襲撃に会ってるのはしってるわね?
     子豚さん.」

( ^ω^) 「ブーンだお.」

ξ´_ゝ`)ξ「子豚さん.どうでもいいわ.
     私はツンの部屋に入ることで,ツンと入れ替わってしまったの.」





須磨子は,嫌な記憶を思い出して苦しむツンを,

慈しむような眼差しで見ながら,

心の傷をなぞってゆく.



 
468 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:21:45.14 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「襲撃の事を,ツンは知ってしまった.
     ツンの中の「化け物」は,そのショックでさらに大きくなったわ.」

( ^ω^) 「・・・.」

ξ´_ゝ`)ξ「ツンの力も,大きくなった.」

ξ´_ゝ`)ξ「ツンは,男達を殺したくはなかった.
      その場から,離れようとした.」

ξ´_ゝ`)ξ「でも男達は,逃げようとしてるように見えた.」

ξ´_ゝ`)ξ「そして・・・,ある男が,
       ツンの後ろから最後の力を振り絞って,

       襲い掛かったの.」

(  'ω`)「・・・やめるお.」

469 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:22:20.06 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「男に荒々しく,抱きつかれる感覚.

      記憶を「名無し」に押し付けても,
      感触は覚えていたのかしら・・・.」


ξ><)ξ 「おかあさん,やめて・・・.」

ξ´_ゝ`)ξ「父親に犯された感触を思い出した可愛いツンは・・・

      ツンの膨れ上がっていた力は・・・

      爆発したわ.」

470 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:22:57.29 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「その時,「化け物」は生まれた.

     知性は・・・あまり無かったみたい.

     ただ・・・憎しみを強く持っていた.

     周りに対する,殺意とともに.」

ξ´_ゝ`)ξ「ツンは,決心した.

     この「化け物」のせいで,

     ・・・自分の性で,

     人を殺すかもしれない可能性を恐れたの.」

ξ´_ゝ`)ξ「醜い豚どものせいで!」

ξ´_ゝ`)ξ「ツンは!」

471 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:23:26.57 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「「化け物」は,ツンの力の殆どを奪い取っていた.

      そして,すぐにでもツンと交代しようとしていた.

      ・・・手段は選べなかった.

      このままでは,屋内の出井先生や,男達が死んでしまう.

      可愛いツンは,二階の窓から飛び降りた.」

ξ><)ξ 「・・・.」

ξ´_ゝ`)ξ「それでは死ねなかったの.
       当然よね? 二階程度じゃ.


       足は折れてた.

       死ねなかったツンは,地面を這って・・・
       死ねそうな場所を探した.」

472 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:24:36.97 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「・・・.

       何も,急いで井戸なんて選ばなくても・・・.

       冷たい水の底・・・
       ツンは,

       そして,私達は誰にも知られることなく,
       消えて逝ったわ.



       ・・・・.

       よっぽど,人を殺したくなかったの?」

ξ><)ξ 「・・・・・・うぅ.」

473 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:25:26.97 ID:sU0yRq110

ξ´_ゝ`)ξ「ツン,それは間違いよ?

       醜い豚ども・・・

       全部,こ,こ・・・コ ロ してあげよ?」

ξ><)ξ 「ころす・・・?」

ξ´_ゝ`)ξ「そうよ.」




ξ><)ξ 「ころす・・・?」




486 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:30:40.93 ID:sU0yRq110





(;^ω^) 「ツン! 耳を貸しちゃだめだお・・・!」



ξ´_ゝ`)ξ「ツン・・・.

       ブーンは,一緒に来てくれないよ?
       私とおいで,かわいいツン?」

いつの間にか,中年の女性は少女を抱きしめていた.

少女は泣きながら,中年女性の胸に顔をうずめた.

491 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:32:03.86 ID:sU0yRq110


(;^ω^) 「ツン・・・.

       ブーンは,ツンを愛しているんだお!」








ξ><)ξ 「でも,ブーンは一緒に居てくれないじゃない・・・.

       おかあさんしか・・・.



       アタシの近くにいてくれる人は,お母さんしかいないんだ・・・.」


少女と中年女性は,同時に姿を消した.

492 名前:
第十三話 投稿日: 2006/01/15(日) 22:32:37.73 ID:sU0yRq110







(;^ω^) 「ツーン!!!!!!!!

       待つんだお!

       一緒に居たいのは,本当なんだお!

       ブーンはただ,ドクオを助けたいだけなんだお!」




戻る 進む