×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第三話

35 名前: 第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:28:46.37 ID:JuXeau2p0

第三話 苦痛

ブーンは,自分の家の居間に行き,用意してあった朝食を食べる.
親はいるが,挨拶すら互いにしない.
無言で食べ終わり,ブーンは学校に向かう.

DQN   「よう,ブーン!!!」
(;^ω^) 「お,おはようございますだお・・・」
DQN   「うはwww相変わらずきめえwwwwww」

DQNは,ブーンの弛んだ腹を思い切り掴む.
脂肪が潰される感触がし,思わずブーンは叫んだ.

( ;ω;)「痛いお!やめるお!」
DQN   「うるせえ!バーローwww
      お前は,俺の暇つぶしの道具なんだよ.
      お前なんてそれ以外,存在価値ねえじゃねえか.」

37 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:29:17.44 ID:JuXeau2p0

ブーンは泣きながら,黙って聞いている.
DQNはそれに気を良くしたのか,さらに暴言を畳み掛ける.

DQN   「その証拠に,誰かお前のこと助けてくれる奴いるか???
      いねえだろ?
      死んでも,誰も本気で悲しみやしねえ!
      むしろ・・・喜ぶかもなぁ!」
( ;ω;)「・・・・・・・・・・・う,うわああああああああああ!」

ブーンはDQNの余りの暴言に,DQNに掴みかかった.
しかし,DQNは喧嘩慣れしており,楽に避け,殴り始める.

38 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:30:17.54 ID:JuXeau2p0

('A`) 「ブーーーーン!!!
    やめろよ,お前ら!
    ブーンが何したってんだよ!」
DQN 「ああ?ドクオ,お前も苛められてえの?
    ・・・呼吸してるからだよ!
    ついでに,お前もな!」

ドクオはブーンを助けようとしたばかりに,
ブーンと一緒に殴られ,蹴られ・・・
金をとって,DQNは去っていった.

40 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:31:11.47 ID:JuXeau2p0

( メメメ;ω;)「何で,何でブーンたちばかり・・・」
(メメ'A`) 「この世は,不公平に出来てやがる.
       俺たちが,一体何したってんだよ!」

ドクオは,走りだした.
恐らく,家に帰ったのだろう.
ブーンは,ドクオに「ありがとう,ごめん」とメールをして,
傷だらけながらも学校に向かった.
ブーンはドクオは強いと思った.
何故なら,ドクオが同じように苛められてても,
自分は飛び出せないかもしれないから.

学校について,席に座る.
机の上は落書きだらけ.
椅子の上には画鋲.

41 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:32:04.47 ID:JuXeau2p0

そして,誰もクラスメイトたちは近寄ってこない.
ブーンから少し離れたところで,さっきのDQNとその仲間たちが話している.
DQN 「何かさあ,最近変なメールくるんだよね.」
DQN2 「変なメール?」
DQN 「後,2日しかない,ってメール.」
DQN2 「何が後二日なんだ?」
DQN 「さあ,わかんね.」
DQN2 「キメエwww」

ここで,数学の先生が入ってきた.
ブーンは,授業を受けながらも,内容が難しくてついてはいけない.
それでも,これだけは意地になっている.
これすら止めてしまったら,本当に自分がいる意味がない気がして.

しかし,分らない内容を聞いても眠くなるばかり.
いつしか,ブーンは眠りについていた.

43 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:33:05.47 ID:JuXeau2p0

-------------------------------------------------------------
昨日の夢に出てきた少女が,また目の前に現れた.

( ;ω;)「ツンかお?」

少女は少し心配そうな顔をして,ブーンに話しかける.

ξ゚-゚)ξ 「ブーン・・・
     泣いてるの?」
( ^ω^) 「な,何でもないお.」
ξ゚-゚)ξ 「いいの,アタシは知ってるから.
      馬鹿な奴らよね・・・.」
(  'ω`) 「しょうがないお・・・.
      ブーンが駄目なAAだから.」

44 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:33:58.23 ID:JuXeau2p0

少女の手が,ブーンの頭に触る.
そして,やさしく撫ではじめた.

ξ゚-゚)ξ 「ブーン・・・
      そんな事ないわ.
      人の心もわからないから,あんな事ができるんだわ・・・
      あんな奴らより,ブーンの方がよっぽど大切な存在よ・・・.」
( ^ω^) 「ツン・・・.ありがとうだお.」
ξ///)ξ 「べ,別にあんたの事が心配でこんな事いってるんじゃあ・・・ゴニョごにょ」
( ^ω^) 「ツンは,やさしいいい娘だお.(かわいい・・・)」
ξ///)ξ 「ば,馬鹿いってんじゃないわよ!別に・・・」
ξ゚-゚)ξ 「・・・アタシには,あんたの気持ちが分るからね.
      アタシも,苛められてたから.」
( ^ω^) 「そうなのかお?ツンはブーンと違って,外見もいいし
      むしろ,人気者になれそうだお.」

少女は今まで撫でていた手を止め,ブーンの頭から手を離した.

45 名前:
第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:35:01.83 ID:JuXeau2p0

ξ゚听)ξ「アタシには,・・・他の人には無い力があったの.
      だから,それが原因で苛められたわ.
      人は,自分にないものを見ると,妬むか,恐れるの.
      そして・・・.」

ブーンは,ツンが過去形で話すのが気になった.
しかし,今はさらに話の内容の方が気になる.
47 名前: 第三話 投稿日: 2006/01/09(月) 21:36:03.36 ID:JuXeau2p0
( ^ω^) 「そして,なんだお?」
ξ゚听)ξ「・・・.何でも無いわ.
      アタシ,そろそろ行くわね.」
( ^ω^) 「・・・わかったお,今日は話せて良かったお.
      ちょっと楽になったお.」
ξ///)ξ 「な,何,馬鹿な事言ってんのよ!
      別に,アンタなんて慰めてないわよ!」
(;^ω^) 「わ,わかったお・・・.また,会いたいだお.」
ξ゚听)ξ「フン・・・.・・・またねっ!」

少女は,ブーンの前から消えた.
ブーンの意識も,現実へと引き戻される.
----------------------------------------------------------------


戻る 進む