×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第九話

435 名前: 第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:00:01.72 ID:lOk++dCH0

第九話 ツンの中の何か

少し,時間は戻る.
ドクオとショボンは,津理子の隠し部屋で手がかりを探していた.

(´・ω・`)「ねえ,ドクオ.」

('A`)   「どうした?」

(´・ω・`)「何でブーンは,ツンに惚れてしまったんだろう?」

(;'A`)  「えっ!?
      そんなの,俺に聞かれても・・・.」

(´・ω・`)「僕には,解らないんだ.
      ツンが死んでるのも,想定の範囲内じゃないか.
      夢の中で、会っただけなんだろう?
      何でブーンは,あんなにも好きになれて,
      あんなにも悲しめるんだい?」

(;'A`)  「うーん・・・.
      なんでって、いわれても.」

(´・ω・`)「・・・.」

437 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:01:53.82 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「あ,ドクオ.これは何だろう?」

ショボンは,たった今見つけたモノを差し出した.

('A`)   「ノートか?」

(´・ω・`)「日記かな?」

ドクオとショボンは,日記を見る.

「タスケテ,タスケテ,タスケテ」


この部屋の持ち主は,酷い苛めにあっていたようだ.

苛められたことに対する、悲しみばかりが書いている.

あまり,意味をなした文章は書いていなかった.

('A`)   「苛められてたのか、可哀想に.」
(´・ω・`)「そうだね.
      苛め、かっこ悪い.」
('A`)   (DQN、苛めてたくせに.)

最後のページを開く.

438 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:03:13.27 ID:lOk++dCH0

「アタシの中に,誰かがいる.

 もうじき,生まれるの.

 どうしよう.

 この子が生まれたら,

 きっと,多くの人が

 死んじゃう.

 アタシ,その前に,

 死にます.」

444 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:06:39.62 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「・・・?
      生まれる?
      何のことだろう?」

('A`)   「子供っぽいのになあ?
      まさか・・・.」

(´・ω・`)「ドクオくん、サイテー!?
      何考えてるの?
      エッチ!」

(;'A`)  「え・・・?」

(´・ω・`)「この、生まれてくる子、というのが
      ひょっとして
      僕らを殺そうとしてるのかもしれないね.」

(;'A`)  「あ、ああ.」

(´・ω・`)「手がかりになるんだか、ならないんだか.
      このノートは、持って行こう.
      他に、何か無いかな.」

446 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:08:56.50 ID:lOk++dCH0

この隠し部屋には、もう手掛かりになりそうなものは見つからなかった.

津理子の部屋の、向いの部屋に入る.

ばたん

扉を閉める

二人はかたまった.

451 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:11:26.49 ID:lOk++dCH0

部屋は完全に壊れていた.

木製の家具のようなものは、ほとんど炭化していた.

元パイプ椅子であろうものが、ドロドロに溶けている.

そして、なにより

部屋の真ん中あたりが、大きく凹んでいる.

壁には、大きな亀裂が走っている.

そして、天井には大きな穴が開いていた.

(´・ω・`)「ここから、何かが生まれ、
      飛び立ったみたいだね.」

(;'A`)  「な、何が?」

(´・ω・`)「わからない.
      でも、たぶん、禍々しいものだ.」

452 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:13:10.87 ID:lOk++dCH0

捜しても、この部屋はもう何も無さそうだ.

さらに、他の部屋を探した.

だが、もう怪しいものは見つけられなかった.

( 'A`)  「解決できそうな発見は無かったな.」

(´・ω・`)「・・・.」

(;'A`)  「あ、ご、ごめん.」

(´・ω・`)「もう、時間も遅い.
      ブーンと合流して、飯を食べよう.
      今日は、宿は山村村でとる.
      夜、解決法を考えよう.」

( 'A`)  「そうか.家に連絡いれていいか?」

(´・ω・`)「うん.
      名残惜しいけど、ここから一旦引こうか.」

454 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:15:26.46 ID:lOk++dCH0

ドクオとショボンは,ダムから上がり,今の山村村の中心へと戻った.
その途中,ブーンと出会う.

( ^ω^) 「ドクオ,ショボン!
      遅くなって,すまなかったお.」

( 'A`)  「もう,大丈夫か?」

(´・ω・`)「落ち着いたなら,話そうか.
      こっちは,幾つか重要な手掛かりは見つけたよ?」

( ^ω^) 「ふふふ,こっちだって
      凄いネタを掴んだお.
      早く解決して,辛そうなツンを助けるお!」

455 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:16:16.12 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「へえ? 何をしったの?」

( ^ω^) 「・・・.」

( 'A`)  「なんだよ,もったいぶんなよ.」

(;^ω^) 「・・・.」

Σ(;'A`) 「ひょっとして,忘れたんじゃないだろうな?」

457 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:17:14.47 ID:lOk++dCH0




( ^ω^) 「ログ嫁.」

( 'A`) ´・ω・`)「把握した.」

( ^ω^) 「ドクオとショボンは、何を見つけたんだお?」

(´・ω・`)「すまない.今話すの,めんどくさい.
      まあ,もう暗くなってきたし,ご飯を食べよう.
      食べながら,僕なりに纏めた考えを話すよ.」

464 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:21:45.27 ID:lOk++dCH0

山村村で見つけたラーメン屋「しらいし」に三人は入る.

(´・ω・`)「いちごタンメン,三つ.」

(;'A`);^ω^)「何それ!?」

(´・ω・`)「意外と,食べれるよ?」

(;'A`)  「てか,勝手に頼むなよ.」

(;^ω^)  (ショボンは,ここに来たことがあるのかお?)

( ^ω^) 「ハムッ!」
('A`) 「ハムッ!ハフハフッ!」
(´・ω・`)「ハムッ!ハフハフッ!ハムッ! 」

店員   「キメエ・・・.」

466 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:24:12.03 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「さて,話をまとめようか.
      山村津理子は,性的虐待に起因する解離性同一性障害だった.
      基本人格の「津理子」.
      主人格になりおおせた「ツン」.
      保護人格の「須磨子」.
      そして,未だ謎に包まれた「名無し」.
      
      それから,
      ツンの人格だけ,テレパシストだったね.
      ツンはその能力から,旧山村村の住人から恨まれていた.
      最終的には,襲われ,51年前に行方不明になった.
      
      ツンは,自らの中に,何者か(化け物)が存在していると言っていた.
      そして,それはどうやら生まれたようだね.」
      
('A`) 「そんなところだろうな.」

( ^ω^) 「かいりせいどういつせいしょうがい?」

(´・ω・`)「多重人格障害のこと.」

471 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:27:28.81 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「津理子の目的はなんだろう?」

('A`) 「酷い目にあってたみたいだからな,やっぱり,恨みじゃないか?」

(´・ω・`)「そうだね.
      それこそ,無差別に殺そうとしているのかもしれない.」

( ^ω^) 「・・・.」

( ^ω^) 「ブーンは,違うと思うお.」

(´・ω・`)「何故?」

474 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:30:16.96 ID:lOk++dCH0

( ^ω^) 「ツンは,・・・津理子は助けを求めているんだと思うお.
      ブーンは,苛められているお.

      苛めにあったとき,
      助けてもらいたかったお.

      ドクオは何時も止めに入ってくれたお.
      ドクオも一緒に苛められるし,
      ブーンに対する苛めも緩まなかったお.

      でも,ドクオが止めようとしてくれて事,
      それ自体が,嬉しかったお.
      ブーンの気持ちはそれだけで救われたお.

      きっとツンや津理子も,
      ブーンにとっての,ドクオの様な存在が欲しいんだと思うお.」

(*'A`) 「・・・ブーン.
      そうかもな.
      ツンにとっては,お前がなってやれよ.」

(´・ω・`)(わからない・・・)

483 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:36:46.20 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「夢に出てきた人物を割り当てようか.
     ブーンの夢に出てきたのは,ツンだね.
     僕の夢に出てきた津理子は,確定は出来ないけど,
     須磨子な気がする.
     くたびれた女っていう印象が,そっくりだ.
     津理子という基本人格は,酷く内向的らしいし違うと思う.
     名無しの可能性もあるが・・・.
     ドクオの夢に出てきたのは,なんともいえないね.」

( ^ω^) 「・・・.」

493 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:41:10.86 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「ところで,僕の疑問なんだが,
     本当に須磨子はISHなんだろうか?」

('A`) 「どういうこと?」

(´・ω・`)「ISHの役割は,常に冷静で,理性的.
      患者が生きておけるようにすることが目的で,
      感情が無いように見える,
      と聞いたことがあるんだ.
      須磨子が,僕の夢に出てきた津理子だとすると,
      話が合わない.」

('A`) 「確かに,ショボンの夢じゃ悪意丸出しみたいだしな.」

499 名前: 1 投稿日: 2006/01/13(金) 00:43:52.42 ID:lOk++dCH0

(;^ω^) 「あの・・・?」

('A`) 「なんだ,ブーン?」

(;^ω^) 「ISHってなに,家電製品かお?」

('A`) 「ISHってのは,保護人格のことだよ.」

(;^ω^) (ショボンはともかく,ドクオまで?
      実は,ドクオも頭良かったのかお?)

501 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:46:56.05 ID:lOk++dCH0

('A`) 「さっきのショボンの話だけど,逆じゃね?
      ショボンの夢に出てきたのが,須磨子じゃないんじゃ?
     
      津理子が解離性同一性障害になってしまってからも,
      強いストレスに晒されていたと思われるし,
      新しい人格が他にいた可能性も高いと思う.」

(´・ω・`)「うーん.
     ・・・!
      ひょっとして,ツンの中にいた「化け物」は,
     新しい人格?」

('A`) 「そうか!
      襲撃にあったときに,生まれたのかもな!
      じゃあ,ツンの中にいた「化け物」が,
      今ショボンの夢に出てくる津理子かもしれないな.
      ショボンの話では,一番の悪意を感じるし.」

( ^ω^) 「違うお.」

(;'A`) 「えっ?
      なんでそんな自身まんまんなの?」

508 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:51:24.00 ID:lOk++dCH0

( ^ω^) 「「化け物」は,
      ブーンとドクオの夢に出てくる怪物だお.
      ブーンは馬鹿だから,難しいことはわからないお.
      でも,ブーン達を殺そうとしているのは
      間違いなくあいつだお.」

(´・ω・`)「だから,その「化け物」イコール
      僕の夢の津理子かも.
      何故か,僕の夢にはその「化け物」は出てこないし.」

( ^ω^) 「あ,そういうことかお.」

(*'∀`) 「いいぞ,大分,真実に近づいてきた気がする.」

(´・ω・`)「・・・解決法が分らなければ,意味が無いよ.」

512 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:53:00.58 ID:lOk++dCH0

(´・ω・`)「・・・
      ねえ,DQNは山村ダムで死んだよね?」

('A`) 「ああ.」

(´・ω・`)「僕ら以外に,あのスレを見た人はいなかったのかなあ?」

('A`) ^ω^) 「!!」

(´・ω・`)「いたとしたら,山村ダムで他に死ぬ人がいてもよさそうだね.
      死因は,人によって違うんだろうか?
      それとも,やはりいなかったんだろうか?
      としたら,僕らは津理子に意図的に選ばれた?」

('A`) 「それはちょっと飛躍しすぎじゃね?
      ・・・でも確かに,他に見た人もいてよさそうだな.」 

(´・ω・`)「正直,本当に分らないことだらけだ.
     どこで探したら,解決法が見つかるだろうか・・・?」

516 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:55:17.28 ID:lOk++dCH0

( ^ω^) 「一度寝て,ツン達と会ってみたらどうかお?
      何か手掛かりがつかめるかも.」

(´・ω・`)「・・・闇雲に動くよりましか.
     睡眠薬でも飲んで寝るか.」

('A`) 「ブーン,
     ・ショボンの夢の津理子が「化け物」で,俺たちを殺そうとしている?
     ・他に,事の発端のスレを見た人はいないのか?
     ・今から,手掛かりを得るためにツンたちに会う」

( ^ω^) 「わかったお!」

518 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:56:41.43 ID:lOk++dCH0

三人は会計を済ませ,宿を探す.

古い民宿を見つけ,宿をとった.

ショボンは睡眠薬を用意し,ドクオは薬を飲むためのお茶を入れている.

( ^ω^) 「ドクオ,ドクオは何でそんなに多重人格の病気について詳しいんだお?」

('A`) 「ああ・・・.
      俺のカーチャンも,解離性同一性障害なんだ.」

(;^ω^) 「えっ!?
      そうだったのかお?
      ごめんだお.
      無神経だったお.」

('A`) 「いいよ.
      治らないわけじゃないし.」

( ^ω^) 「そうなのかお?」

520 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:57:09.78 ID:lOk++dCH0

('A`) 「ああ.治った例はある.
      周りがしっかり助けてあげれば,
      治らないわけじゃないんだ.

      俺が生まれたのは,近所の糞野郎にカーチャンが襲われたから.
      それで更に病気が悪化して,一時は50近くの人格が生まれたこともあったらしい.

      俺が原因で,悪化したんだ.
      俺は,カーチャンを直す.」

( ^ω^) 「ドクオ・・・.
      ドクオは悪くないお.」

('A`) 「ありがとう.
      もちろん,悪いとは思ってないよ.
      でも責任は,あると思う.」

( ^ω^) 「・・・ドクオは凄いお.
      今は大丈夫なのかお?」


521 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:57:52.38 ID:lOk++dCH0

('A`) 「ああ.信頼できる叔母さんが世話してくれてる.

      ・・・ツンの不幸は,テレパシー能力を持ってしまったことだな.
      せっかく,出井先生に恵まれたのに.」
           
( ^ω^) 「・・・.」

('A`) 「ツンを助けてやれよ?」

( ^ω^) 「もちろんだお!」

523 名前:
第九話 投稿日: 2006/01/13(金) 00:58:34.17 ID:lOk++dCH0

ぴちょん・・・.

(´・ω・`)「ちっ・・・.きやがった.」

ショボンが怖い.

三人にそれぞれ,メールが来る.

件名:
本文:残り日数 3日

( ^ω^) 「ブーンは後3日だお.」
('A`) 「俺は,あと4日だな.」
(´・ω・`)「僕は,後1日だ.」


(´・ω・`)「さあ,ねようか.」






ξ゚听)ξ 「・・・.」




戻る 進む