×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十話

260 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/09(月) 23:34:18.21 ID:sEd2mVwRO

━VIPホール━

今日の『WAROSU』はここ、VIPホールで行われる。
僕は早々と到着し、ジェネラルマネージャーの元へと挨拶に行った。

ジェネラルマネージャー(以下GM)とは、会長である荒巻さんの下に位置付けされるプロモーターの役割を果たす役職だ。
番組内ではGMの命令が絶対であり、要求に答えない者は容赦なく切り捨てていく。


強者に従わなければならないのはどこでも一緒だな。

そんな事を考えながら、僕はGM室の扉をノックした。


コンコン……
??「入ってるモナー」

262 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/09(月) 23:47:17.14 ID:sEd2mVwRO

ガチャッ…
( ^ω^)「失礼しますお、本日からデビューさせていただく内藤ホライゾンと申しますだお」

豪華な回転椅子をこちらに向けて、GMは僕の顔を見据えた。


( ´∀`)「よく来たモナ。
私がこの『WAROSU』のGMを務めているモナーだモナ」


人当たりの柔らかい人だ。 これなら当分嫌な思いを受ける事はないだろう。


( ´∀`)「さて、君の初仕事だが……
いきなり大きな試合に使うわけにはいかないモナ。
それは分かるモナね?」


もちろん分かっている。
新入りが入団当初から目立った活躍をするわけにはいかないのだ。

( ^ω^)「もちろんですだお」

263 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/09(月) 23:53:07.01 ID:sEd2mVwRO

( ´∀`)「君は物分かりがいいモナ。
という訳で、君には今から前座試合を努めてもらうモナ。
分かったらさっさと準備をして会場を暖めてくるモナ」

( ;^ω^)「ちょwwwww今すぐとかwwwwムリスwwwww」

( #´∀`)「ガタガタ言ってないで、さっさと準備するモナ!! お給料あげないモナよ!!」

( ;^ω^)「ハヒッ!!
行ってきますお!!」



ガチャンッ!!
ダダダダダダ………

前言撤回だ、僕はまだまだ人を見る目がない。

266 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/09(月) 23:58:51.35 ID:sEd2mVwRO

控室で準備を済ませた僕は急いで入場口へ急いだ。

建物の地図を見ながら来たので、時間がギリギリでスタッフに急かされる。


結局僕は対戦相手の名前すら知らないままリングに上がるのか。


まぁ、いいさ。
どうせ誰の名前も分からないんだし。

僕は気楽に構えると、リングへと向かった。

270 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:04:15.93 ID:+7sHe5VRO

ダダダダダダ…………


⊂二二二( ^ω^)二二⊃ブーーーーン!!!!

勢いよくブーンしながら飛び出した僕の目に写ったもの。

それは地方では見たことも無い広大な客席と、爛々と輝くスポットライト。
あまりの違いに、僕はテンパってしまい…………




コケた。

ズベッ…ゴンッ!!
( *ω*)「アウ…アウ…」

273 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:12:01.87 ID:+7sHe5VRO

しかしこれが意外と客席にウケたようだ。
あちこちからカワイイとの声も聞こえる。


( ;^ω^)「(ケガの功名ってヤツかお………)」

僕は気をとりなおし、リングへとブーンする。


⊂二二二( ^ω^)二二⊃
ブーーーーーン!!!!

ワッ………!!!!

妙な歓声が起こる。
奇抜な選手やキャラが立った選手は自然と人気がでるものだが、
どうやらここでは素の内藤のキャラが受け入れられたようだ。


( ^ω^)「(これって……………)」

( *^ω^)「(かなり気持ちいお!!!)」

276 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:20:56.18 ID:+7sHe5VRO

内藤は内心ハッキリと確信していた。

『これはきた』

と。

その証拠に客席はみんな、ブーンを応援している。


ブーンがチョップを放つ。
ピシッ!! 『ブゥーン!』

ブーンがキックをかます。
ドカッ! 『ブゥーン!』

動作の1つ1つに固有の声援が入ると、客は大いに盛り上がる。
この場合は最初のコケで、内藤の天然さに好印象を持たれたことと、
覚えやすい名前が影響したのだろう。

いずれにせよ、内藤は初日から大きなチャンスを掴んでいた。

278 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:29:12.46 ID:+7sHe5VRO

相手が右手を伸ばし、こちらに突っ込んでくる。
内藤には相手の動きが良く見えていた。


( ;^ω^)「スキありだお!!」


伸ばした手を頭を下げて避け、そのまま反対のロープへと走り反動をつける。

相手が内藤の姿を追い、振り返った瞬間を逃さなかった。


⊂二二二( ^ω^)「だぁぁぁぁあっ!!!」


ドガァッ!!!!
力の限りにホライゾンラリアットを叩き込む。

そして僕は倒れた相手の位置を確認し、コーナーへと走る。
お客さんの歓声が聞こえる。 まるで嵐のようだ…………


そして僕は相手へと

⊂二二二( ^ω^)二二⊃ブーーーーン!!!!


ダイブする。

279 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:34:37.09 ID:+7sHe5VRO

『1…2……3!!!』
カンカンカンカン!!!!!


決まった………。
僕のVWFデビュー戦は初勝利で飾れた。

観客の声援が身に染みる。初めて味わう中央の歓声は、今までとは比べ物にならないくらいの充実感を与えてくれた。


頑張った自分へのご褒美として、今日はうまい棒を箱買いしよう。

そんな下らないことを思いつつ、僕はデビュー戦のリングを後にした。


第十話━STORM━ 完

284 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:42:28.37 ID:+7sHe5VRO

内藤ホライゾン

(ブーン)○━●(ナナシノ・ドンベェ)

試合時間8分32秒
ホライゾンラリアット→ブーンサルトプレス


戻る 進む