×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十一話

287 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 00:57:35.44 ID:+7sHe5VRO

試合を終えた僕は歓喜のあまり、鼻唄を唄いながら控室へ戻っていった。


( ^ω^)〜♪
ガチャッ…

??「よぉ!!」

( ;゚ω゚)「モルスァっ!!」


扉を開けたところに人が立って、いきなり挨拶をしてくれば、誰だって驚くだろう。
だが、その人物は悪びれた様子もなく話しかけてきた。

??「お前、さっきのがデビュー戦なんだって?
その割には、やけに客を取り込んでやがったじゃねぇか」

( ^ω^)「………偶然ですだお」


こういう時、下手に話に乗るヤツが控室で村八分にされるんだ。

僕もさすがに理解出来るようになってきたので、控え目に答えておいた。

291 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 01:10:29.90 ID:+7sHe5VRO

( ゚∀゚)っ「おぉ、名乗り遅れたが、俺はジョルジュ長岡っていうんだ。
ヨロシクな、内藤ポセイドン!!」

( ;^ω^)っ「ポセイドンじゃなくて、内藤ホライゾンですだお。
よ…よろしくお願いしますだお…」

( ゚∀゚)「お?間違っちまったか?HAHAHA!」


これが僕の新天地での親友との出会いだった。

294 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 01:20:52.86 ID:+7sHe5VRO

ジョルジュは入団してから、もう一年が経つ。

デビュー当時はキャラが確率してなく、人気もパッとしてなかったようだ。

それが三ヶ月前に新しいキャラを試してみたら、それがブレイク。
今、昇り調子の注目株らしい。

本当かどうかは怪しいが、この世界のことを面白おかしく話してくれた。
そのおかげで、自然と僕達は打ち解けていった。


( ^ω^)「そういえば、ジョルジュはどんなキャラで出しているんだお?」

( ゚∀゚)「そうだなぁ…
一言で言うと、『素の自分を出した』かな」

( ^ω^)「僕と一緒だお、僕も素の自分を出してみたんだお」

( ゚∀゚)「お前、分かってるじゃねぇか!!

おっと、もうすぐ俺の出番だ。
よかったら見ててくれよ」

( ^ω^)「おk!」

そう言うとジョルジュは楽しそうに去って行った。

297 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 01:31:16.09 ID:+7sHe5VRO

僕は控室のテレビをつけた。
待機している選手は、こうしてテレビで流れている試合を控室で見ることが出来るのだ。


テレビでオンエアされる試合に出る選手は、入場の時に自分のテーマ曲を流すことができ、それも入場により華を咲かすのだ。

僕はワクワクしながら画面に喰らい付く。


最初に入場して来たのは、ジョルジュの対戦相手だろう『B・LEG』という選手だった。

解説のコメントを聞くと、ここ何週間かジョルジュと対立しているらしい。


あのジョルジュを怒らせるとは、いったい何をしたんだろう。


そんなことを考えていると、BLの曲が止まった。

いよいよジョルジュの入場だ。

298 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 01:42:54.90 ID:+7sHe5VRO

突然照明が落ち、会場は暗闇に包まれる。


何が起こるんだろう……


ゲートに蒼い照明が当たりスモークが炊かれる。
それと同時に重低音が響く。


ズン…ズズン…ズンズズン…ズンズズン…

間違いない、ダースベイダーのテーマだ。
スモークの奥からジョルジュがやってくる。


( ゚∀゚)o彡「おっぱい! おっぱい! おっぱいぱい!」


リズミカルに何を叫んでいるのかと思えば………
片手を振りながら、おっぱいと連呼するジョルジュ。
見れば観客もマネをしている。
コレがジョルジュの素なのか、僕はコレを理解したと思われたのか。

何故か試合の疲れが三倍にも感じた。

302 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 01:54:45.32 ID:+7sHe5VRO

倦怠感を感じたのはほんの数分だった。


試合が開始されてからのジョルジュは、入場のフザケたイメージなど………いや、少しはあった。
客席のいいおっぱいの子に近寄っていったり……くそ、うらやましい。


試合のペースが上がってきた。
おっぱいに気を取られたジョルジュが、一気にBLの反撃を食らい始めたのだ。

『あぁぁぁぁっとぉぉぉぉ!!
BL試合を決めにかかったぁぁぁ!!
ダウンしたジョルジュに対して、BLシュートを放つために助走をとるぅぅぅぅ!!!!』

『兄者、興奮しすぎだ。
もう少しクールにいこう』

『む…すまなかったな』


ジョルジュ…頑張れジョルジュ!!

僕は自然と握り締めていた拳を、さらに強く締める。

306 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 02:04:35.33 ID:+7sHe5VRO

ジョルジュがゆっくりと立ち上がる。
見計らったかのように、BLが走り出した。


もうダメだ!!


しかしジョルジュは想定の範囲外の行動を取った。

自らBLへ向けて走り出したのだ。
BLは距離を詰められBLシュートが放てなくなる。
そこに生まれた一瞬の躊躇をジョルジュは鋭く捕えた。

BLの体の正面から脇の下を手で持ち上げ体を浮かせ、空中でBLの………乳を掴みながらマットへ叩きつけた。

307 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 02:07:48.45 ID:+7sHe5VRO

『πバスター決まったぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!!!!
ジョルジュ、フォールへぇぇぇ…………行かない?』

『だから先走りはいけないと言うんだ兄者。
失礼、ジョルジュ長岡、コーナーポストへ寄りかかりBLを待ちます』


何でだ?何でフォールをしにいかないんだ?


僕の疑問の答えは次の瞬間に判明した。

308 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 02:11:58.00 ID:+7sHe5VRO

ジョルジュが左手を挙げた途端に観客席から、もの凄い歓声が起こる。

『あぁぁぁあっとぉぉぉおお!!!!!
ジョルジュ!!このアピールはぁぁぁぁぁ!!!』

『ジョルジュ長岡、バストボンバーを狙いにいってますね』

ジョルジュが掲げた左手を胸に叩きつける。 『パイ!!』

もう一度掲げる。 『オッ!!』

降ろす。 『パイっ!!』

ジョルジュの腕振りに合わせて、客席からは『オッパイ』コールが巻き起こる。

凄い。 会場全体が一体となってジョルジュを後押ししている。
凄い。凄い。 まるで地響きのようだ。
僕は再び鳥肌がたった。

310 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 02:20:51.69 ID:+7sHe5VRO

BLが立ち上がる。 先程とは全く逆の構図となっていた。

そしてジョルジュが駆け出す。
左腕を直角に曲げ、肘の部分をBLへと振り抜いた。


『決まったぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!
バストボンバーがぁぁぁ見事にアゴにクリィィィィンヒットォォォォ!!!!!!!!!』


『これはBL無理でしょう。
ジョルジュ長岡、フォールに入ります。
1…2……3っ…』

『決まったぁぁぁぁぁあああ!!!!
ジョルジュ長岡ぁぁぁぁぁ見事にB・LEGからフォールを奪いましたぁぁぁぁぁ!!!!!』

『兄者、分かったから落ち着け。唾を飛ばすな!!』

コーナーポストでジョルジュが左腕を振り、勝利のアピールをしている。

僕は心の底からジョルジュの試合に夢中になっていた。


第十一話━おっぱい━ 完

312 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 02:23:48.98 ID:+7sHe5VRO

ジョルジュ長岡

(ジョルジュ長岡)○━●(B・LEG)

試合時間 10分02秒
πバスター→バストボンバー


戻る 進む