×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十二話

400 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 22:07:38.88 ID:+7sHe5VRO

僕が前座でデビューを飾ってから、早くも三ヶ月が経った。


僕はジョルジュと行動を共にするようになり、この世界のノウハウをイロイロ叩き込んでもらった。


観衆へのアピールは派手過ぎず、冷静過ぎず。
客にしっかりと自分を印象付けるものにするべし。

試合をすぐに終わらせるのは構わない。
しかし、客は高い金を払って夢を見に来るんだ。
なら長く夢を見させてやるのがプロってもんだろ?
などなど。

ジョルジュの話はためになることばかりだった。
そのおかげか、僕は前座枠にして既に人気を確立し、三ヶ月目に初の『WAROSU』の試合を任されることになった。

403 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 22:23:04.87 ID:+7sHe5VRO

( ´∀`)「というわけで、君の実力を試す期間は終わったようだモナ。
来週からは、本格的に『WAROSU』で試合を組んであげるモナ」


この言葉が聞きたくて、僕は三ヶ月間ガムシャラに頑張ってきたんだ。
そう思うと、何かグッと込み上げてくるものがある。


( ´∀`)「フム、嬉しそうモナね。
今の気分はどうモナ?」

( ^ω^)「あっ……えと………
感慨深いというか……何か込み上げてくるものがありますだお」

( ´∀`)σ「気持ちが悪いモナか?
ひょっとしたらオメデタモナかwwww」


)#^ω^) ビキビキ……「モナーさん、僕は男ですだお」

( ´∀`)「把握してるモナ、軽いジョークだから許すがよいモナ」


人がせっかく感慨に浸っている時に……

バーロー

405 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 22:37:06.05 ID:+7sHe5VRO

控室に戻ると、ジョルジュが待っていて祝福してくれた。

( ゚∀゚)「これで来週から、お前も俺たちと対等の立場だな。
またライバルが一人増えたってことだ」


そう、この世界は弱肉強食。 どんな王者も明日タイトルを落とすかもしれない。
その相手が新人であるかもしれない。
あの無敗の王者と詠われたFOXでさえ、ワロスマスクに負けたんだ。


この世界はチャンスを掴んだ者勝ちだ。


そうやって決意を固めていた僕に、ジョルジュが大事なことを思い出させた。


( ゚∀゚)「なぁ、ところで内藤はどういう入場がしたいんだ?」

409 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 22:46:13.91 ID:+7sHe5VRO

そうだった。
肝心なことを忘れていた。

この世界では入場も大きく人気に関係する。
ただ派手に光源や火薬で飾れば良いだけじゃない、
入場から゙自分゙というものを押し出していかないと、客からは受け入れてもらえないのだ。


(; ゚∀゚)「お前のことだから、忘れてたな…
どうするんだ?早いところスタッフと打ち合わせをしないと、時間が足りないぞ?」


ジョルジュの言葉を全て聞き終わる前に、僕は外へと飛び出していた。

413 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 23:08:52.02 ID:+7sHe5VRO

━新☆堂━

僕は真っ直ぐにCDショップへと走って行った。
ジョルジュに自分のキャラを表現する曲と言われてから、
僕の頭の中にばアノ曲゙しか無かった。


キョロキョロ………
( ^ω^)「(ま…ま…マイケル…マッケンロー……
確かこの辺に………)


ガッ……
僕はある一枚を掴みレジへと持っていく。
そして帰り道では、ずっと入場のイメージをしていた。
この曲に乗せて、僕が観客の前に姿を表す場面を……

420 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 23:15:50.90 ID:+7sHe5VRO

月曜日
ついに僕の『WAROSU』本デビューの日が来た。

ついに僕がテレビに映るんだ。


朝からドキドキしっぱなしで、隣のジョルジュの声も耳に入っていなかった。


( ゚∀゚)「おい、内藤!!
聞いてるのか?」

( ^ω^)「あっ、ゴメス。
もう一度頼むお」

( ゚∀゚)「しょうがねぇな……
お前、入場の方は大丈夫なのか?」

僕はジョルジュの問いに答える代わりに、不敵な微笑を浮かべてやった。
そしてたった一言、

( ^ω^)「テレビの前から離れるなお」

422 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 23:31:30.10 ID:+7sHe5VRO

控室を出ていく内藤の背をジョルジュは眺めていた。

( ゚∀゚)「(テレビの前から離れるなだと?
おもしれぇ…見届けてやろうじゃねぇか)」

そしてジョルジュはテレビ前に腰を据えチャンネルを合わす。

( ゚∀゚)「(えーっと……次、次、おっ、女だらけの水泳大会…………)」


(* ゚∀゚)o彡「おっぱい! おっpp……」


(; ゚∀゚)「(こんなことをしてる場合じゃなかった。
えーっと…よし、このチャンネルだ)」


ジョルジュが余計な事をしている間に、もう内藤の相手である『ペニシリン・ジャンキー』は入場を済ませていた。


(; ゚∀゚)「(危ねぇ危ねぇ……
さて、次はいよいよ内藤か……………)」


会場の照明が薄暗くなる。

427 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 23:46:02.65 ID:+7sHe5VRO

デレレレッテッテ♪ デデッデデッ♪
テレレテレレテレレ ダ・ダ・ダッ!!

光る風を追い越したら〜 君にきっと逢えるね〜♪
あたらしい輝き HAPPY READY GO !!

ボォーーーーン!!!!!!

爆発と共に、ゲートの下にあるカタパルトから内藤が飛び出して来た。

シュタッ……
⊂二二( ^ω^)二⊃「(決まったお………)」


ガタンッ!!!!
(; ゚∀゚)「何やってんだバーロー!!」

思わずテレビの前でジョルジュは叫んでいた。
まさかデビュー戦の新人が、こんなに目立った入場をするとは……


テーレレー♪ テーレレー♪
( *^ω^)「(うはwwwwwwテラキモチヨスwwwwww
これはクセになるおwwwwwww)」

429 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/10(火) 23:55:31.01 ID:+7sHe5VRO

テテッ・テテッ・テテッ…

⊂二二二( *^ω^)二二⊃ ブーーーーーン!!!!


一頻りゲートでアピールをすると、僕はリングへとブーンをした。

リングまでの道には、スタッフさんに頼んでスモークを焚いてもらっている。
白い煙の中を切り裂きながら、僕はリングへと向かって行った。



(; ゚∀゚)「ったく………本当に大した奴だぜ。
まっ、結果は成功のようだがな」


ジョルジュはモニター越しからでも分かった。
一瞬、あまりのインパクトに戸惑いを感じていたものの、
すぐにその派手さと奇抜さに歓声を送っていた。


( ゚∀゚)「(コイツは大物になるな……)」

モニター越しに独り確信を持つジョルジュであった。

433 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/11(水) 00:11:52.00 ID:Q+G7B0acO

既に入場からペニシリン・ジャンキーは圧倒されていた。

もともとビジュアル系の容姿で、髪を振り乱しながらの入場で話題を拐ったレスラーの彼。

ペニジャン「俺の中でのプロレスは、入場9:試合1だから」

とは本人の弁だが、その彼が初めて自分を上回る入場を目にしたのだ。


ペニジャン「(コイツッ…俺よりっ…スゲェ…っ……)」

その時点で彼の闘志は既に萎えていた。


カーン!!!!
遠くで鐘の音が聞こえる。しかしペニシリン・ジャンキーは動こうとはしなかった。

向こうからブーンが走ってくる。
背後を取られ、股下に手を伸ばされた。 そのまま後ろに体を取られカウントかま入る。


1……2………3………
カンカンカンカン…………


あぁ、俺の敗けだ。 完敗だよ………
1から出直しだ………
ペニシリン・ジャンキーは心の中で呟き、ひっそりと退場して行った。

441 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/11(水) 00:24:58.57 ID:Q+G7B0acO

僕は状況が把握出来ずにいた。


何が起こったんだ?


試合開始と同時に、僕はスクールボーイを仕掛けにいった。
スクールボーイとは、

こんな技スクールボーイ(学生)でも返せるぜ!!

というくらい単純なレベルな技であり、僕自身もこれで決めようとは思わなかった。


それが決まってしまったのだ。

どうしたんだ? ペニシリン・ジャンキーは学生以下なのか?
そんなことを考えていると、レフェリーがやってきて僕の手を挙げる。
リングアナが僕の名前をコールし、ハピマテが流れる。 客席からは歓声が起っていた。

ようやく僕は自分が勝ったのだと実感が湧いた。
そして勝利のアピールをするために、コーナーポストへ昇り………


⊂二二二( ^ω^)二二⊃ 「デビュー戦………勝ったおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおお!!!!!」

腹の底から勝利を叫んだ。

第十二話━ロマンス━ 完

443 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/11(水) 00:27:27.13 ID:Q+G7B0acO

内藤ホライゾン


(ブーン)○━●(ペニシリン・ジャンキー)

WAROSUデビュー戦
試合時間 6秒
スクールボーイ


戻る 進む