×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ドクオサイド第二話

208 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/14(土) 03:21:40.11 ID:8KNh3NPoO

水曜日

NURUPO当日


ドクオはある所へと向かっていた。


┗('A`;)┓「ハァ…ハァ………」


ダダダダダダ………
ガチャッ……



ゴポポポ…………
('∀`*)「ハァ……………」

Σ('A`;)「あっ……またっ………」


ドクオは極度のストレスによって、身体も精神も極限までも追い詰められていた。

210 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/14(土) 03:29:03.09 ID:8KNh3NPoO

ドクオはフラつきながら便所を後にする。


もう……辞めてしまおうか。
内藤だって既に人気のスター選手だ。
俺との約束なんて忘れてるだろ。
いい加減、ショボンと比べられるのはウンザリなんだよ………


同期ということもあり、ドクオとショボンは何かと比較された。

ショボンはその冷静な口ぶりと試合のギャップで、既にこの番組に溶けこんでいた。


('A`)「(どうせ俺は落ちこぼれだよ……)」

ガッ……

そんな事を考えながら歩くドクオの頭に、何かがぶつかる。

('A`;)「あ、痛っ……」

??「痛いのはコッチだヨガッ」

214 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/14(土) 03:37:41.55 ID:8KNh3NPoO

??「おう、Tha・ルシムどうした?」

Tha・ルシム「ザンギュラ……誰かが俺にブツかったんだヨガッ…………」


これはマズイ。


よりによってNURUPOのタッグ王者『ヨガ・ミッショネルズ』に出会ってしまった。

凶悪なパワーファイトで何人ものレスラーを病院送りにした『ザンギュラ』

ヨガ独自の柔軟性で、有り得ないような関節技を繰り出す『Tha・ルシム』

こんな二人に絡まれるなんて自殺行為だ。


そう思い、俺は方向転換をし逃げ出した。



しかし、その足は途中で前に進まなくなった。

216 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/14(土) 03:46:12.77 ID:8KNh3NPoO

気が付けば、俺の頭を褐色の肌をした手が掴んでいる。

事態が把握できないまま、俺はルシムの手元まで引き寄せられた。


ルシム「おい、何を逃げようとしてるんだヨガッ?」

ザンギュラ「おう、お前人にブツかったら、『ゴメンなさい』くらい言えないのか?」

('A`;)「……………」

ルシム「ザンギュラ…問題はそこじゃないヨガッ」

ザンギュラ「ん?俺がお前のナンを食べたことか?
ゴメンなさい」


何だコイツらは?

219 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/14(土) 03:57:16.34 ID:8KNh3NPoO

ルシム「………それは後でゆっくり話し合うヨガッ。
問題なのは、コイツが試合の予定が無かった俺達にブツカったことヨガッ」

ドクンッ……ドクンッ……

ザンギュラ「あぁ?それのドコが問題なんだよ?」

…トクン……トクン……

ルシム「一週間試合をしないと、体が鈍るヨガー?
そこに、いいオモチャが来てくれたんだヨガ。
せっかくだし、使わなきゃもったいないヨガー?」

ドクン…ドクン…ドクン…

ザンギュラ「なるほどなぁ!! さすがTha・ルシムだぜ!!」

ドクン、ドクン、ドクン、……

ルシム「そうと決まれば、リングまで付いてきてもらうヨガッ」

ドッドッドッドッ………

俺の心臓の鼓動は、これでもかというくらい早く高鳴った。
間違いない。 俺は今、最高に危険な局面に晒されている。


ドクオサイド〜二代目墓堀人誕生〜
第二話━公開処刑━ 完


戻る 進む