×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第四話

145 名前: 1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 16:13:07.13 ID:YaZxnwwxO

━壺の穴━

ドタンッ!! バタンッ!! ウォォォ!!!!!

広いジム内にレスラー達の怒号や衝撃音が響く。
壺の穴に来てから、早くも三週間が経った。

『クソするヒマもねぇ』とはドクオの弁だが、まさにその通りだと思う。

毎朝五時に起床してから、すぐに10kmのロードワークをこなす。
朝食を採り、それから筋トレ・受け身・ロープワーク・技の基礎の練習などをこなしていく。


受け身はこの世界で最も大事なことだ、これが出来ないことには話にならない。
相手に投げられたり、技をかけられた時に受け身がとれなければ、即、死に繋がることがあるからだ。

それだけに、この練習だけで午前中全てを費やしている。

148 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 16:19:46.05 ID:YaZxnwwxO

ダダダダダ……
クルッ…

⊂二二( ^ω^)二⊃ブーン!!

バンッ!!

前転しながら勢いよく両手でマットを叩き、立ち上がる。
 日頃からブーンをしているせいか一年の下積みのお陰か、僕は意外と受け身が上手だった。



ダダダダダ……
クルッ…

('A`;) セイッ!!

ズタンッ!!
('A`;)「フヒッ……」



ドクオはあまり得意でないようだけれど。

149 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 16:28:14.81 ID:YaZxnwwxO

(´・ω・`)「やぁ。ドクオは相変わらず受け身が苦手なようだね」

コイツはショボン。
僕らと同期のせいかもしれないが、何かにつけて突っかかってくる。
もしかしたらライバル視しているのかもしれない。

('A`;)「アタタ……うるせーよ…」

(´・ω・`)「あと一週間で入団テストなんだ。
受け身くらいしっかり出来ないと、話にもならないよ?」


そうだ、ここのあまりの忙しさに流されて、大事な入団テストのことを忘れていた。

152 名前: 以下、名無しに かわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/08(日) 16:38:33.98 ID:YaZxnwwxO

入団テストでどんな事をするのかは、僕ら練習生には連絡されていない。

噂では虎とサシで戦うとか、鬼教官『阿部高和』とヤる等いろいろあるが、どれが真実なのかは分からない。
僕らに出来ることは、来たるテストのために練習し続けるだけなんだ。


(´・ω・`)「じゃあ僕はもう行くよ。
テストに落ちたら堪らないからね」

そう言うとショボンは僕らに背を向け去って行った。
イヤミを言うためだけに来たのか?


('A`#)「チッ……イヤミな奴だぜ……」

( ^ω^)「そんなにプリプリするなお。
本番で合格して見返してやればいいお」

('A`)「オウッ!! 気合を入れてもう一度……」

ダダダダダ……
クルッ…

('A`)「セイッ!!」

ドガァンッ……………

( ^ω^)「……………お前はしばらく受け身の練習だけしてるお」

154 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 16:47:01.75 ID:YaZxnwwxO

テストの日が近付くにつれて、僕らの間には緊張が高まっていった。

ドクオの奴は緊張して血便を出す始末になっている。

僕だって内心不安だ、ここで落ちたらどうなるのか知らされてもいない。

考えてみれば落ちた後のことなんか何も考えていなかった。

落ちたら僕は職を失うのだろうか? そう考えると怖くて夜も眠れない。

結局睡眠不足のままテスト前日を向かえてしまった。

157 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 16:58:20.53 ID:YaZxnwwxO

その日、アルトレーナーからテストの説明があった。

アル「さて……明日のテストだが、審査方法は1対1での勝負を行ってもらう」


この発言で練習生の間に大きなざわめきが起きた。

一つはテストの内容が噂ほど過激でなかったことと、
練習生同士の対戦はこれが初で、やっと練習の成果が試せるという高揚感によるものだった。


アル「そこで対戦相手の選出方法なんだが…………」


( ;^ω^);'A`) ドキドキ…………


アル「アミダくじで決めようと思う」


( *^ω^)*'A`) ………………プッ…


アル「だっ……誰だ笑ったのはっ……」

159 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 17:05:36.86 ID:YaZxnwwxO

アル「さぁ、お前達順番に名前を書き込んでいけ!」


(´・ω・`)「僕は一番をもらおう」

('A`)「俺達は………」
( ^ω^)「残り物でいいお。
残り物には福があるお」


次々とみんなが前に出て我も我もと名前を書き込んでいく。
みんな全身からみなぎる闘志を溢れさせ、既に戦闘モードに入っているのだろう。


アル「よし!全員書き込んだな。
今日は一日オフだ、各自体を休めるなり、練習に励んでくれ。
それでは解散、諸君の幸運を祈る!!」


ガタガタッ………

164 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 17:14:42.67 ID:YaZxnwwxO

カッカッカッ……
('A`)「あぁ…遂に明日か」

カッカッカッ……
( ^ω^)「長いようで短いお。 あんな無茶をしてから、まだ一ヶ月しかたってないんだお」


あぁ、そうだ。 キングDQNをノシてから、まだ一ヶ月しか経ってないんだ。
いろいろあったな、それが明日で終わるかもしれないんだ………

('A`)「………内藤、緊張しているか?」

( ^ω^)「…………しているお」

('A`)「俺も緊張しているがな…明日は頑張るぜ」


('A`)「俺は負け犬で一年くすぶっていた時より、この一ヶ月の方が充実していた」


('A`)「まだ受け身も上手じゃないけど……ここで一ヶ月頑張ってきたことが出せればいいと思うんだ」

166 名前:
1 ◆rDvJ0e8dDk 投稿日: 2006/01/08(日) 17:25:03.01 ID:YaZxnwwxO

( ^ω^)「ドクオ…………」

あのヘタレでスケベなドクオが、血便を流して泣いていたドクオが………

その瞬間、何かが振っ切れた気がした。
僕は何を悩んでいたのだろう。
あんな死んでいるのと変わらないような一年より、この一ヶ月でどれだけ輝けたか。

僕はここで再びプロレスの楽しさを実感出来たんだ。

( ^ω^)「僕も……僕も全力を尽すお!!」

('A`)「もしお前が相手でも容赦しないからな!!!!」

( ^ω^)「こっちのセリフだお!!」

o('A`)「ヘッ………また明日な!!」

( ^ω^)o「また明日だお!!」


ドクオと拳を合わせ、僕は自分の部屋へと戻って行った。

もう何も怖くない、今日はゆっくりと休もう………


第四話━衝動━ 完


戻る 進む